TOP > 国際 > コインチェック、顧客に事実と異なる説明=仮想通貨事業者協会長 | ロイター

コインチェック、顧客に事実と異なる説明=仮想通貨事業者協会長 | ロイター

15コメント 登録日時:2018-01-31 21:16 | ロイター.co.jpキャッシュ

日本仮想通貨事業者協会の奥山泰全会長(マネーパートナーズ社長)は31日、仮想通貨取引所コインチェックで巨額の仮想通貨が流出したことに関連し、同社は仮想通貨の保管体制について顧客に事実と異なる説明をしていたとし、説明責任を果たせていたのかと述べた。また、金融庁が出した業務改善命令について、甘い処分との見方を示した。奥山会長は、協会が開いたパネルディスカッションで、コインチェックが顧客に対し、仮想通貨をネッ...

Twitterのコメント(15)

重要事項説明に虚偽があったなら、金融庁はカミナリを落とすはず。タダじゃ済まない。
コラム:コインチェック不正流出「真の教訓」=村田雅志氏
ろくでもない
だってそうしなきゃ盗m
事件が起きてなければ、この会に同席して一緒にドヤる予定だったんでしょ /
“コインチェックは仮想通貨の保管体制について事実と異なる説明。業務改善命令について甘い処分との見方を示した。” / “ | ロイター”
顧客に対し、仮想通貨をネットから隔離した「コールドウォレット」で保管し、かつ、取引時に複数の電子署名が必要な「マルチシグ」で管理していると説明していた / “ | ロイ…”
んんん?
CCは虚偽の説明してたわけか・・・😓
-

処分が甘いのは何故でしょうね。
書いてあることが本当にやってあると思うなよ?ってことですかね。
あーあ、やっちまったな
自己申告制だったのか…これは驚いた…金融庁も登録時に民間の会社が書いた書類を目で見てただオッケー出してるのか…こんなずさんな体制続けてたら育つ市場も潰れるよそれは…
嘘が金に化ける。人はそれを詐欺と呼ぶ。
簡潔なまとめ。
以上

記事本文: コインチェック、顧客に事実と異なる説明=仮想通貨事業者協会長 | ロイター

関連記事