TOP > 国際 > 焦点:中国から感染拡大、アフリカ豚コレラが世界の脅威に - ロイター

焦点:中国から感染拡大、アフリカ豚コレラが世界の脅威に - ロイター

米税関・国境警備局で働く探知犬、ビーグルの「ベティ」は、中国からシカゴのオヘア国際空港に到着した女性から、豚肉の匂いを嗅ぎ取った。...

ツイッターのコメント(33)

@gffWI0DfOD9b0V8 笑えないけどウケました
アメリカもみたいですね
Reuters, 2020/01/20

2018年8月の発見以降、ASFによる殺処分等で中国が失った飼養豚は55%に達した可能性…との推測とともに、波及を警戒する内容。

過去の話という記憶だったので、記事の日付が新しくて驚く。
今に始まったことではない
アフリカ熱豚コレラ、今のところは人間への感染の危険はない様ですが、いつどのように変化するか分かりませんので、楽観視はできません。
2019年の記事です(´^ω^`)www
@jda1BekUDve1ccx 武漢ウイルスもですが、アフリカ豚コレラも無視できない状態のようです。豚から人へいつ変異するかもしれません。
@morimasakosangi 新型コロナウイルス感染症に注目が集まっていますが、豚コレラも極めて危険な感染症です。しっかりとした対応のほどよろしくお願いします。
なぜハムサンドイッチが危険視されたのか。ハムに用いられた豚肉がアフリカ豚コレラ(ASF)に感染しており、米国内に感染が拡がる可能性があるからだ。
食肉産業のターニングポイントになるかもしれないよね。
#パンデミック
人間の前に家畜の例…
新型コロナウイルスの制御などできない。
中国から感染拡大、世界の脅威に:これはアフリカ豚コレラの話だ(ロイター)

女性は上海発の中国東方空機の乗客から、米当局がハムサンドを押収した。 なぜハムサンドを危険視? ハムの豚肉がアフリカ豚コレラに感染しており、米国内に感染が拡がる可能性があるからだ。
各国ASFを警戒。
水際対策にも限界がある気がする、、、(´・ω・)
令和弐年1月21日(火)🌤
今日の焦点。
PRCから感染拡大
アフリカ豚コレラが
世界の脅威に 。
ロイター。
>世界で最も豚肉消費量が多い中国では、この疾病の影響は壊滅的である。死亡した豚の正確な頭数は分からない。ラボバンクでは、中国は昨年中に飼養していた豚の最大55%を失ったと推測している。

でも少なく発表
中国はアフリカ豚コレラの流行により何百万頭もの豚を失っており、豚肉価格は記録的な水準に高騰。割高な輸入肉を購入せざるをえず、グローバルな食肉市場を混乱させている。
ロイター1/20:米税関・国境警備局で働く探知犬、ビーグルの「ベティ」は、中国からシカゴのオヘア国際空港に到着した女性から、豚肉の匂いを嗅ぎ取った。 まもなく、探知犬担当者がハンドバッグのなかにハムサンドイッチが入っているのを発見し、押収した。→
🚀
こちらは完全パンデミック🚀
おんぼろニッポン入管はまたまたザルザルザル🚀
そこにこのアフリカ豚コレラが重なるので、
今年の春節はどうなるのかが個人的には
全く読めないところなんです(;´Д`)
防疫がどこまで機能するのかなー?
>ハムに用いられた豚肉がアフリカ豚コレラ(ASF)に感染しており、米国内に感染が拡がる可能性がある
バイオテロやんこんなん・・・出国時にもっと徹底してくれ
命をモノ扱いするヒトの存在が最大の脅威だよ…
今度は、パンデミックか。実に激しい。
モノが国境を超えて流通する時代に対応する体制が必要だ。人の移動はもはや止められないから。
日本も今を耐えなきゃもうあかんもんなぁ……
豚肉、高いよねぇってスーパーへ行くたびに
>ハムに用いられた豚肉がアフリカ豚コレラ(ASF)に感染しており、米国内に感染が拡がる可能性があるからだ
つまり、中国ではコレラで死んだ豚を処分せずに、売りさばいて加工してたってコトの証明だよな。(汗)
これ読んで思ったけど、パンデミックはヒトだけではないのかもね。
こんな時にモリカケやったらさ
誰かぶっ飛ばしてくれない?
桜もIRもいらんでな。
コロナウィルスもあるんやで
あの国は一体どこまで本当のこと言ってるかわからんしな
@komei_koho @Hiraki_Daisaku 『〜なぜハムサンドイッチが危険視されたのか。ハムに用いられた豚肉がアフリカ豚コレラ(ASF)に感染しており、米国内に感染が拡がる可能性があるからだ。〜』
タイでは、感染が確認されているミャンマーに近い県の豚を殺処分した。韓国は北朝鮮との境界線に配備している兵士にイノシシの捕獲を命じ、ベトナムは感染した豚を確実に殺処分するために軍を動員している。↓
春節の大移動でどれだけ持ち込みを防げるか
これもう ただの病原菌バイオテロだよなぁ
以上
 

いま話題のニュース

もっと読む
PR