TOP > 国際 > 米英独、中国のウイグル問題を改めて批判 「ジェノサイドやめよ」 | ロイター

米英独、中国のウイグル問題を改めて批判 「ジェノサイドやめよ」 | ロイター

20コメント 2021-05-13 03:56  ロイター.co.jp

米英独の3カ国は12日、国連のオンラインイベントで、中国による新疆ウイグル自治区のイスラム教徒への対応を改めて批判した。

ツイッターのコメント(20)

北京オリンピックは、絶対にボイコットすべきだ!!!!
ミャンマー、中東は一生懸命報道するのに、ウイグルを断固拒否するのはなんで
リンダ・トーマスグリーンフィールド国連大使「中国政府が新疆でウイグル人などに対するジェノサイド(民族大量虐殺)と人道に対する犯罪をやめるまで、われわれは立ち上がって声を上げ続ける」
残念ながら国連での中国人道犯罪糾弾に日本は参加せず⬇️

日本は「与しやすい」と中国に思われている。高齢者を含む日本人がスパイ容疑で不当に囚われているが、救出の目処は立っていない。獄中で死ぬ人も出るだろう。

臆病者・追従者はバカにされて終わりなのだ。
宗教弾圧?民族浄化では?
中国をホントに葬ろうとするのかな?
ちなみに、見出しは”米英独”なんだけど、本文中にドイツが全く登場しない謎(ΦωΦ)
やっちまったな米英独。
パレスチナが大変な時に、よりによってそこには全く触れずにこれ。
みんな知ってしまったもんな…本物のジェノサイドがなんなのかを。
新疆ウイグル自治区の状況を「現代における最悪の人権危機の一つ」と表現

イスラム教徒への弾圧は、中国における数十年にわたる宗教弾圧の集大成である
こうした中、米国務省は世界の信教の自由に関する報告書を発表し、新疆ウイグル自治区が事実上の「野外刑務所」と化しているとして、中国の宗教弾圧を非難した。
国際自由局の高官を務めるダニエル・ナデル氏は「ウイグル人と生活をともにするよう指示を受けた人物らが監視し
中国が懸命になって参加しないよう呼びかけた国連のオンラインイベント 50カ国が参加

中国による新疆ウイグル自治区のイスラム教徒への対応を改めて批判
媚中派・二階俊博・おっちんでしまえ。
米英独、中国のウイグル問題を改めて批判

米国連大使「同地区では人々が拷問を受け、女性は不妊手術を強要されている」

英国連大使「特定民族に抑圧プログラムを行っている証拠がある」
→ ドイツが? 本気?
「ジェノサイドやめよ」(reuters)
こういうことに無関心な国民‼️最低だな🤔洗脳され汚鮮された無知な国民😱
世の中では差別差別と言って不法入国した奴までもほざいているようだが😡
愚かな菅👎二階👎謝謝茂木👎はっきりしろや😡ユニクロ、ファーストリテイリング👎良品計画👎まだ使う気か😡😱
「ジェノサイドやめろ」 | ロイター
「ジェノサイドやめろ」

米英独の3カ国は12日、国連のオンラインイベントで、中国による新疆ウイグル自治区のイスラム教徒への対応を改めて批判した
以上
 

いま話題のニュース

もっと読む

 
PR