TOP > 国際 > 中国GDP、第2四半期は前年比+6.2%に減速 92年以来の低成長 - ロイター

中国GDP、第2四半期は前年比+6.2%に減速 92年以来の低成長 - ロイター

13コメント 2019-07-15 13:09  ロイター.co.jp

中国国家統計局が発表した第2・四半期の国内総生産(GDP)は、前年比6.2%増と、第1・四半期の6.4%増から鈍化した。米国が関税引き上げなど圧力を強めるなか、内需、外需ともに減少し、少なくとも199...

ツイッターのコメント(13)

中国。景気減速が鮮明になったな。一人当たりGDPを見ると成長余力は沢山ある。これからは内需拡大が目標だろうか。

- ロイター
まあ、まだ、プラスであるのなら、全然「経済発展著しい」国だからいいんじゃあないでしょうか…
米中貿易戦争はアメリカの勝ちだな。
これで少しは中国の海洋進出が鈍ると良いが
安倍晋三がいくらええかっこしてアベノミクスだなんだかんだとウソばかり詰め込んで煽り立てても糞のカスにも及ばない。
減速だとよ!
+6.2のGDP がだよ!

安倍晋三は如何にも馬鹿かなのかを露呈か?
多分チャイナGDPは話半分で〝+3.1%〟が正解ではないでしょうか!?
かの国なら、この程度は政治で底上げしてくるだろう。
シナの戦略は長期的で、次の世代で米国を上回るように考えているだろう。
内需、外需ともに減少し、少なくとも1992年第1・四半期以来、27年ぶりの低い伸びとなった。 ロイター
中国GDP、第2四半期は前年比+6.2%に減速
"第2・四半期のGDPは、前年比6.2%増と、第1・四半期の6.4%増から鈍化。米国が関税引き上げなど圧力を強めるなか、内需、外需ともに減少し、少なくとも1992年第1・四半期以来、27年ぶりの低い伸び "
中国国家統計局が発表した第2・四半期の国内総生産(GDP)は、前年比6.2%増と、第1・四半
以上
 

いま話題のニュース

もっと読む
PR