中国の一般炭先物、過去最高値から一転ストップ安 政府が介入検討発表 | ロイター

中国・鄭州商品取引所の19日の夜間取引で、一般炭先物1月限が8%急落してトン当たり1755.40元(275ドル)となり、ストップ安をつけた。日中の取引では、電力不足の拡大と気温の低下を背景に、過去最高...

ツイッターのコメント(10)

上限価格統制になれば生産を抑えるか通常の市場には出回らず闇市場で高値で取引される

と、昔、本で読んだ🧑‍🏫
オールドタイプの皆さん大丈夫???
中国国家発展改革委員会(NDRC)は同日、主要な石炭生産業者や業界団体、中国電力企業連合会(中電連)と協議し、政府の介入によって「妥当な範囲」まで石炭価格を引き下げる方法を検討していると発表。
介入して下げれるもんなの?歪むだけだろ。
>政府の介入によって「妥当な範囲」まで石炭価格を引き下げる方法を検討していると発表。その後、一般炭先物への売りが殺到した。
政府が介入して下がるものではない。生産する人がいなくなるか不足がもっと明らかになるか。今のこの混乱は🇨🇳が起こしていることを理解しないといけない。豪に嫌がらせをしてしっぺ返しを受けている
ここは原料供給問題に直結するので下がる方が良い。

政府は一般炭が庶民の暮らしに直結する、色々まずいんだろうけど…

| ロイター
炭に先物なんてあるんですねー????
あらびっくり😅
確かインドでも停電騒ぎが...?
原発の需要が増すかもしれません。
中国当局が石炭価格の引き下げ検討を発表。投機の買いが無くなるだけでも効果ありそう。

先般の電力価格自由化と合わせて、電力不足問題の解消に向けた大きな前進。
つっても10月中毎日ストップ安をやらないと元通りに戻れませんが
以上
 
PR
PR