中国の社債、流動性逼迫のなか大量償還迫る デフォルトリスクも | ロイター

中国の金融システムで資金需給が逼迫する中、社債の大量償還が迫っている。中国当局が新型コロナウイルス流行に対処するための景気刺激策の縮小を計画しているとの憶測もあり、向こう数カ月の間にデフォルト(債務不...

ツイッターのコメント(10)

S&Pグローバル・レーティングによると、今年3─4月に約2兆6000億元(4021億9000万ドル)相当の社債が償還期限を迎えるか、もしくは期限前償還が可能に。
>[上海 29日 ロイター] - 中国の金融システムで資金需給が逼迫する中、社債の大量償還が迫っている。中国当局が新型コロナウイルス流行に対処するための景気刺激策の縮小を計画しているとの憶測もあり、向こう数カ月の間にデフォルトが増加するリスクが高まっている。
ドイツ、親中派ってことになってるが、これ流してるの、ロイターさんだぞ
點火するには十分な量ではある。
完全に引き締めにかかっているよな。金利をあげられては社債での資金調達コストが高まる。
"今年3─4月に約2兆6000億元(4021億9000万ドル)相当の社債(人民元建て)が償還期限を迎える"

額が大きすぎて、もうよく分からない。
金利上昇やデフォルトでは経済は崩壊しない。ただ借入も借り換えも出来なくなり、倒産するだけ、結果として失業者が溢れて反乱を起こせば経済は崩壊するが、中国の場合失業者は静かに死んでいく
#中国
#中国経済
以上
 
PR
PR