コラム:NY勤務はハイブリッドが主流、上がるビル空室率 | ロイター

11コメント 2022-06-11 08:35|ロイター.co.jp

ツイッターのコメント(11)

東京は
木々を伐採したりしてまで
まだ高層等のハコモノをどんどん作ろうとしてます...

インバウンド復活に期待しているのかもしれないが
まず住民が生き物として心地よい街にすることが
観光客もひきつけると思う
>企業経営者の大半は、毎週5日きっちり出社して働くというスタイルはもはや過去の話だという現実を受け入れている。
>4月下旬時点で、マンハッタンで働く人々の平日の平均出社率は約4割にとどまったという。
マンハッタンのオフィス空室率21% >NY勤務はハイブリッドが主流、上がるビル空室率
都心部の不動産がじわじわと不況になりそう。
そーいやー、最近、高知の一等地のビルに行ったんだけど、1階全部空いてたな。。
先の読めない時代だよね。
NY勤務はハイブリッドが主流、上がるビル空室率

>4月下旬時点で、マンハッタンで働く人々の平日の平均出社率は4割にとどまった

>マンハッタンのオフィス空室率は今年1Qで既に21%に達した
コラム:NY勤務はハイブリッドが主流、上がるビル空室率 (ロイター)
“柔軟な働き方が可能なハイブリッド勤務こそ「新常態」”

自分の実生活での体感とかなり一致しているコラムです。
柔軟に働きたい従業員と、オフィススペースのコストで頭の痛い経営陣…
移動しない方がエコ

コラム:NY勤務はハイブリッドが主流、上がるビル空室率

調査では、8割近くの企業が、柔軟な働き方が可能なハイブリッド勤務こそ「新常態」だと認めている。4月下旬時点で、マンハッタンで働く人々の平日の平均出社率は約4割にとどまったという。
以上
 
PR
PR