TOP > 国際 > 国債金利0.2%強上昇なら保有長期国債の時価が簿価下回る=若田部日銀副総裁 - ロイター

国債金利0.2%強上昇なら保有長期国債の時価が簿価下回る=若田部日銀副総裁 - ロイター

21コメント 2019-05-23 14:06  ロイター.co.jp

日銀の若田部昌澄副総裁は23日午前の参議院財政金融委員会で、日銀は出口政策を議論する段階にはなく、日銀収益への影響シミュレーションを示すと、かえって混乱すると述べた。機械的に計算すれば、国債金利が0....

ツイッターのコメント(21)

要は「騙し騙しで、キワキワの運営が必要だから、あんま余計なこと言うな」とw
まぁ、その通りだけどww
QQEが遅れた日本が日米欧で最後尾なのは仕方ない。
要は、民主党と白川元総裁がダメ過ぎた。
日銀は債務超過になってもいいなんて国民が理解している?あんたは安倍と同じ嘘つきか。
参議院財政金融委員会
金利上昇時の日銀の収益について

若田部日銀副総裁
まだ出口を議論する段階にはないため
「現時点で収益に関する具体的な数字を出すことは、、、混乱を起こす」

...なぜ国会に隠せるのか?

:国債金利0.2%強上昇なら保有長期国債の時価が簿価下回る
簿価を割り込めば日銀倒産?証券界は大混乱!日本経済は滅茶苦茶・・・
アベノミクスどころの騒ぎではない?
国債の金利がつく位になれば相当景気よくなるでしょ!?
日銀の国債簿価下回るのがそんなに問題なの。。。
"先進国で中央銀行が債務超過になった例として、1970年代の旧西ドイツを挙げ「歴史的な事例を見ても、中央銀行が債務超過になったことで、大きなインフレになったことはない」と述べた。"

|
歴史的な事例を見ても、中央銀行が債務超過になったことで、大きなインフレになったことはない
6年も異次元の金融緩和をやり出口の影も見えないような状況では、このまま永遠に出口に向かえない。
国債金利0.2%強上昇なら
保有長期国債の時価が
簿価下回る=
若田部日銀副総裁 |
ビル俺だ!
当然だが日銀の金融政策のツケがいつ回ってきてもおかしくない状況のようだ。機械的な計算としているが現実的な計算をしたらどうなるのか!
債務超過の可能性を視野に入れて備えるべきだろう
屁理屈ばっかりこねて出口なんて無いんだろう! 後世への先送りで逃げようって気がムンムンする!マトモな人物ではない
ハイパーさんの公認も維新はやめた方が良い。次も出るかは知らんけど/
>藤巻健史委員(維希)の質問に答えた

毎度毎度ハイパーさんの相手をさせられて大変すなぁw
引用:

管理通貨制度の下で不換紙幣を発行しており長い目で見れば通貨発行益が発生するため「中央銀行は債務超過をそれほど心配する必要がない・・・そのことについて我々が懸念していることはない」
“収益が振れても債務不履行に陥ることはなく、金融政策や金融システム安定のための政策遂行力には影響がないというのが中央銀行の中央銀行たるゆえん”刷ればいいもんな / “ - ロイター”
債券の評価方法が、時価会計なのであれば、期末時に簿価に差額分を通算する。金利0.2%の上昇はほぼ価格の0.2%下落と解釈して差し支えない。
「国債金利0.2%強上昇なら保有長期国債の時価が簿価下回る」日銀若田部副総裁/金利上昇の余地はたった0.2%かよ。
財政ファイナンスの条件は極めて狭く、極めて脆弱。日銀債務超過でも大丈夫だと「国民にも理解されており」って、そんなの初耳な人がほとんどだろう。 国債金利0.2%強上昇なら保有長期国債の時価が簿価下回る=若田部日銀副総裁
日銀の若田部昌澄副総裁は23日午前の参議院財政金融委員会で、日銀は出口政策を議論する
以上
 

いま話題のニュース

もっと読む
PR