TOP > 国際 > ビル・ゲイツ氏が途上国に鶏10万羽寄付、養鶏業支援で貧困撲滅へ | ロイター

ビル・ゲイツ氏が途上国に鶏10万羽寄付、養鶏業支援で貧困撲滅へ | ロイター

17コメント 登録日時:2016-06-09 15:32 | ロイター.co.jpキャッシュ

[ニューヨーク トムソン・ロイター財団] - 米マイクロソフトの共同創業者ビル・ゲイツ氏は8日、貧困撲滅に向け、発展途上国の農村部に10万羽の鶏を寄付すると発表した。養鶏業のノウハウを伝え、貧困世帯の収入引き上げを支援する。ゲイツ氏は、ニューヨークの4ワールドトレードセンター68階に設けられた鶏舎の前で会見し「養鶏業ほどリターンが高い投資はない」と力説。アフリカのブルキナファソや南米のボリビアなど、数...

ツイッターのコメント(17)

圧力によるものだったら銀でも嫌気が差すと思う。ビル・ゲイツ夫妻はアフリカの貧窮層を救う為に10万羽の鶏を寄付したらしい。鶏は粗末な餌でも太るし、生育は比較的簡単で、玉子も肉も売れるからだ>  自分の寄付で誰かが救われる実感は大切だ。
@wanda794 ビルゲイツの鶏の話し、知ってる?
まあ、貧困国には仕事から収入を…という考えは理解できるけど
貧困国には内戦による地域破壊という起因もあるから微妙だよね。
養鶏業を産業に出来るか、食べて終わりか(あるいはその中間か)というのもその場のリソース等によるよなぁ
ちゃんと飼養設備と保守管理技術もセットで寄付しないと、アッという間に喰い潰すだけだろうに。
肉でなく卵のほうですね。 →
でも育てないで食っちゃうんだろw
・ゲイツ 氏が途上国に鶏10万羽寄付、養鶏業支援で貧困撲滅へ
北のウサギのぱてぃーん?(;´∀`)
ビル・ゲイツ氏、貧困撲滅事業の一環で途上国に鶏10万羽を寄付して養鶏業を振興というニュース(ロイター)
鶏は食肉1kg生産に要する飼料が約2kg、ちなみに豚は約4kg牛は約11kg、効率の良さが分かりますね。あと卵も取れますし。
今夜はフライドチキンだってなりそう。
お金持ちになったなら、こういう事どんどんしていかなきゃ、意味ないよね!
これは良く考えられた援助の仕方かも。現地に学校を設立したり井戸を掘るよりも直接住民に仕事が与えられる点で秀逸では?→
直ぐに喰われちゃうよ! ;
ワールドトレードセンター68階に設けられた鶏舎 ← すげぇ… / “ | ロイター”
以上

記事本文: ビル・ゲイツ氏が途上国に鶏10万羽寄付、養鶏業支援で貧困撲滅へ | ロイター