アリババ、ウイグル族識別可能な顔認識システム開発=米調査会社 | ロイター

ビデオ監視システムの米調査会社IPVMは16日、中国の大手テクノロジー企業アリババ・グループ・ホールディングがイスラム教の少数民族ウイグル族を識別する顔認識技術を開発したと明らかにした。

ツイッターのコメント(23)

ウイグル人がウェブサイトで動画をライブ配信した場合、ソフトはウイグル人であることを検出して、動画を調査したり削除したりするためにフラグを立てることができる

これは怖い
「インターネット上の有害コンテンツを監視するアリババの「クラウド・シールド」サービスにウイグル族を識別することができるソフトが含まれ」  | ロイター
ビデオ監視システムの米調査会社IPVMは16日、中国の大手テクノロジー企業アリババ・グループ・ホールディングがイスラム教の少数民族ウイグル族を識別する顔認識技術を開発したと明らかにした。
独身の日に天猫で儲けようなんて日本企業は考えないほうがいい。ひどい話だ。
「ソフト中のウイグル族に関する言及はリポートを公表した直後に消された。」
世界最先端のディストピアだ
アリババの膨大な情報が民族浄化に使われている。
ビジネスや投資をする人々は、この事を知っているのでしょうか?
アリババを始めとした中共企業を、自由陣営から締め出さないといけないと思います。
東京オリンピック2020のスポンサーもやめてもらうべきです。
 
PR
PR