千葉台風関連の記事一覧

TOP > エンタメ > 海外のアニメファンはNetflix配信の『新世紀エヴァンゲリオン』になぜ怒っているのか?

海外のアニメファンはNetflix配信の『新世紀エヴァンゲリオン』になぜ怒っているのか?

49コメント 登録日時:2019-06-29 22:36 | IGN Japanキャッシュ

「Fly Me to the Moon」を削除したことは問題の始まりに過ぎなかった。...

Twitterのコメント(49)

@Mossie633 つい最近の話ですがNetflix配信版エヴァンゲリオンの新英語訳が論争を引き起こしてますね・・・
渚カヲルで思い出した。この記事みて腹立たしかったの。
カヲルくんとシンジくんの関係にかかわる描写を「恋愛感情」と決めつけて変更するの、作品と渚カヲルに対する冒涜。
Netflix配信の英語吹替版に非難の声。

・全編新規吹替
→声優のキャスト変更
→新規翻訳で台詞も変更、まろやかな表現()に
・EDのFly To The Moonがカット



気の毒だけど、我が国の洋画吹替なんか、ねぇ?

使徒が「ガギエルー!」って鳴かないだけマシ。
思っていた以上に、大きな変更がされていますね。悪態はともかく、カヲル君との関係性が違って受け取られる可能性がある変更は、演出意図と違ってしまうかも。
いやいや、そもそもloveとlikeが別の単語に明確にわかれているような文化圏には表現できないだろ。日本語で見るべき! >
いつもとは逆だなー。
オタクのこだわりも分かるし、一方でそういう判断を下した配信側の考えも分からないでもない、という。
日本だと洋画のDVD化の際に長年親しまれてきたTV版吹替(カットに合わせて意訳もりもり)でなく新録吹替(原語に忠実な訳)が採用された時の戸惑いに近いかも / …
いや、これは無いわ
著作権とかは仕方ないかもしれないけど
セリフを変えるのはおかしい
心中お察しいたします。
Netflixで見れるようになったエヴァンゲリオンの英語翻訳が物議を醸しているそうだ。
問題となっているのはカヲルくんがシンジに「好意に値するよ」と言うシーンの翻訳が「I love you」から「I like you」に変更されている点。
これ翻訳の問題はなかなか面白いな。
これはダメよ
好意に値するよは
変えたらダメ
ガンダムも特別版で同じような事しましたし(=゚ω゚)ノ



この騒動知らないけど、記事内だと翻訳の変更でニュアンスが変わってしまったことが主なポイントらしい。
新しいスタッフはオリジナリティを加えたくなるんやろうなあ
新しいのなかなかの出来栄えだけど、馴染んだのが良いのはわかる。ねえルーカス先生。
万国共通で余計なことをする人はいるのね。
こんなナーバスな問題を、英語記事翻訳して配信するだけなのは、いささか短慮にすぎるよーな。
海外のアニメファンはNETFLIX配信の『新世紀エヴァンゲリオン』になぜ怒っているのか?
だから「変える」のは危ないっていったやん、、、→
海外のオタクも熱意すごすぎて笑うわ
国内外問わずエヴァに囚われた人々は面倒くさい
元々のEDが高いから別のにした、声優全交代→日本でもブチギレ 翻訳が違う→本来の原典側の知識として必要。あとは好みの問題にできる ネルフの発音が違う奴がいるなんとかしろ→葛城ミサト「エバー」 / “海外のアニメファンはNetflix配信の『新世紀エヴァンゲリオン』にな…”
英語版への興味が湧く記事でした。

「NETFLIXにもエヴァがきた」と、短絡的に喜んでいただけの自分が恥ずかしい…。 /
海外でもファンの熱さは変わらないって事か
へえ面白い /
ラブをライクに変更したんか。
そりゃあ皆、激おこになるわな(特にシンジ✕カヲル勢)。
原作に忠実に…って「好意に値するよ」はライクじゃなくラブだろ。
細かいところに出るユーザーが感じる"分かってる感"ってサービス運営でもマーケティングコミュニケーションでもめっちゃ大事ですよね…。
問題なのは「変えた事」。完全に間違ってるような誤訳なら兎も角、解釈が微妙な部分を微妙とわかってて変えたら、異論がでるのは当たり前。「特別編」や「ディレクターズカット」ではしょっちゅう文句言ってるだろ。 /
こう言うの見ると、日本語って複雑なんだなって思う😩
「好き」って言葉も、場面によってLoveにもLikeにもなるし
アニメ輸出の難しさだ😭
こうしてみるとかなり改変があるんだなぁ。。 /
アメリカ版は改悪されてるのね
なかなか興味深い。

ローカライズするにあたって、予算とクリエイティブの両面があるけど、今回はその両方が今ひとつ足りなかった。
こーゆーのは難しいね
オタクが作品愛のあまり騒いでしまうのは海外でも同じか
…( 。ω。)そもそもに
シンジくんとカヲルくんは
同性愛じゃないよね??
んん??
よくわからないよ……。
カヲシンはloveじゃなくてlikeでloveだからいーんだよ(真顔で)
日本のエヴァおじさん達が面倒くさくなる
翻訳家も大変だよな。 /
改編されちゃったのね。
これは残念だわ。
配信サービスって、「改変される」
リスクがあるんだなぁ
海外の方、怒って当然。
ネトフリ入ろうとかと思っていたけど、この件で辞めた。
あー、Netflixの字幕、英語版の日本語訳がダメで、吹替の方がまだましなパターンあるんですけどその逆もまた然りか…
日本のエヴァファンからしたら元の翻訳がおかしいと感じる人が多いと思うけどね。とはいえ「先に見たもの」を唯一の正解のように感じてしまう心理はわかる。漫画やラノベのアニメ版先に見た人が原作に違和感持つ現象 /
Fly me to the moon ってパブリックドメインじゃないんだ。というかジャズスタンダードって別に使用料安いとかじゃないんだね
JUNE読本の庵野監督インタビューで「シンジが頬を赤らめるのは好意を示された嬉しさですか」と聞かれ、それを認めて「肉欲に走るわけではないですから」と返答している。なおオリジナルでは川で裸で二人で泳いでいた /
「『Fly Moon』を削除したことは問題の始まりに過ぎなかった」
こちらの方が私には肝心に思われる これがなければ「Fly Me to the star」もないし(えっ
この記事面白い
以上

記事本文: 海外のアニメファンはNetflix配信の『新世紀エヴァンゲリオン』になぜ怒っているのか?

関連記事