スカーレット・ヨハンソンがディズニーを提訴したことに関し、マーベル社長が「ディズニーに怒りと恥ずかしさを感じている」との報道

23コメント 2021-07-31 14:33 IGN Japan

マーベル・スタジオの社長であるケヴィン・ファイギが、スカーレット・ヨハンソンの提訴に関するディズニーの対応に「怒りと恥ずかしさ」を感じているようだ。

ツイッターのコメント(23)

#スカーレット・ヨハンソン、#ディズニー の訴訟問題。確かにディズニーの利益を見るとやり口汚いんだけど、個人が稼ぐその金額を見ると所詮上流階級の出来事。
いいぞファイギ!これぞ侠気!
ほんとね、ディズニーって生きた人間を大切にしないよな。
この映画のプロデューサーでもあるスカヨハは怒って当然だと思う。
思ってるより問題が大きくなってて心配な案件
マーベルのケヴィン・ファイギ社長のコメントのように、映画人は映画館で上映するために制作しているが、D社は映画館より自社サービスの会員増を優先する、ただの投資会社のようになっている現実
もうね、ディズニーがヴィランなのだよ。マーベルにとっても、スター・ウォーズにとっても。 ◆
さすがは我らがケヴィン・ファイギ
ラーヤと龍の王国以降ディズニーに対しては不信感強いですが、マーベルと袂を分かつような事にはなって欲しくないですね…
公開初日くらいから、ほとんどネタバレ・違法アップロードに近いリアクション動画が上げられてたし、配信は遅らせるべきだった

スカーレット・ヨハンソンがディズニーを提訴したことに関し、マーベル社長が「ディズニーに怒りと恥ずかしさを ...
ディズニーの反論は全く理に適ってないな。コロナ禍を錦の御旗にした根回しなしの強引なやり口にみんな怒ってるんじゃないのか。
 
PR
PR