TOP > エンタメ > 『あつまれ どうぶつの森』を扱った短編ホラー映画が、『ハードコア』を手がけたティムール・ベクマンベトフにより長編映画化

『あつまれ どうぶつの森』を扱った短編ホラー映画が、『ハードコア』を手がけたティムール・ベクマンベトフにより長編映画化

12コメント 2021-03-19 11:20  IGN Japan

映画『ハードコア』のティムール・ベクマンベトフが、ジュリアン・テリーによる『あつまれ どうぶつの森』の短編ホラー映画『Don

ツイッターのコメント(12)

島放置しすぎて住民の亡霊か?
あつ森でホラー面白そう🎵
よりにもよって、なんでそのゲームからその映画ジャンルへ…
すぐ人類はそういうことをする
ジワジワくるwww

流れ着いた島で、謎のタヌキに強制的に借金をさせられ続け、株を買うも全て腐る…

ホラーだったわ( '-' )
うん、どゆこと!?
気になる。
これ気になる
癒しゲーがどうやってホラーと融合したのか
こちらの記事ですが、ティムール・ベクマンベトフ氏は『ハードコア』の監督ではなく、プロデューサーでした。お詫びして訂正いたします
「『ハードコア』のティムール・ベクマンベトフ監督が、ジュリアン・テリーによる『Don't Peek』を長編映画に脚色することがわかった。『Don't Peek』は どうぶつの森』を小道具にした短編ホラー映画だ」
以上
 

いま話題のニュース

もっと読む

 
PR