TOP > エンタメ > インディーゲーム開発者のニンテンドースイッチ版成功報告相次ぐ。『ワンダーボーイ ドラゴンの罠』は他機種合計よりも売れる | AUTOMATON

インディーゲーム開発者のニンテンドースイッチ版成功報告相次ぐ。『ワンダーボーイ ドラゴンの罠』は他機種合計よりも売れる | AUTOMATON

インディーゲーム開発者によるニンテンドースイッチ版の成功報告が相次いでいるようだ。『ワンダーボーイ ドラゴンの罠』の開発者であるOmar Cornut氏が、同作のニンテンドースイッチ版はXbox One版とPlayStation 4版、PC版をあわせた数よりも多くの売り上げを記録したことを報告している。...

ツイッターのコメント(13)

switchのゲームが売れないと言われても例えば例として   こういう話も出ているので、売れるインディーゲーは割とスイッチで成功している、ということは言えると思うけれどもなあ。
スマホじゃ物足りないレベルのゲームも増えてきてるしいい傾向。
ガイドライン的にどうなってるのかわからないけど、海外デベロッパーも無理してローカライズしなくてもいいから日本のストアに置いて欲しいなー。海外のストアから買うの面倒なので。
「任天堂側がインディータイトルを厚遇している」なんか隔世の感があるなあ…。 /
スイッチのコンテンツ不足のおかげって気がしないでもない /
良いことだ。大手によるタイトルが増えてきても、きっかりインディーズをフィーチャーして欲しい。
PS、Xbox、PC、Switchの中でトップならまだ判るけど、Switch>スイッチ以外全部ってのは衝撃だな。
|インディーは携帯機と相性がいいものが多いけど、それに該当するのがVitaだったから…
販売台数の割にパッケージ商品の数少なすぎるからね
レッドオーシャンになっても生き残れれば良いが。
まぁ出たばかりのプラットフォームだし>
手軽に出来るゲームはSwitchと相性いいと思うのでこの流れが続くといいなぁ /
以上
 

いま話題のニュース

PR