TOP > その他のニュース > 日本人に多い「過剰適応」とは?精神科医・名越康文先生が解説 | 女性自身

日本人に多い「過剰適応」とは?精神科医・名越康文先生が解説 | 女性自身

14コメント 2018-11-03 14:07  女性自身

【女性自身】昨年から今年にかけて、人気女性アナウンサーや女優たちが、自身の“黒い感情”を次々とさらけだすと、「闇キャラ」と称され話題になった。容姿にも恵まれ、地位や収入面でも成功したと思われる立場にあ...

ツイッターのコメント(14)

多分小さい頃からやってると思う、やれとかは1度も言われてない。だから自分から、ってなると途端に弱くなる
これたぶんおおかたの人該当するんじゃない?
過剰適応か適応障害か?の二択傾向増加と感じてます👉
…ほんま、これ、すごーく多い。。
シンプルな話なのにね。本当は。

①本当に嫌なら、
 人目も何も気にせずやめればいい。

②本当に大好きなら、
 人目も何も気にせず自分でやってみればいい。

この二つだけ。

これを自分で感じて考えて

自分で行動すればいいだけ。
勤めてたときはかなりこれに苛まれてました。改善するには深呼吸が効果的です。
これすごくわかる、、
あと帰宅してそのまま家のことやると副交感神経に作用するらしいんだけど、すり減りすぎて一切できないのは単純に疲れてるだけじゃないのかもなぁ
わたし、これについての演劇をずっと書いてきたんだなとすごく腑に落ちた。名前をつけてもらえて嬉しかい/
自分に過剰適応の傾向があって苦しんでるから、子供には同じようになって欲しくない。
でもそれを煽ってるのは女性週刊誌だよな…言う資格あるか?
「修復に多くの時間がかかります。だから“私は大丈夫”と決めつけず、息苦しいと感じたら、自分を気にかけ、ケアをはじめてください」
以上
 

いま話題のニュース

もっと読む
PR