大炎上!「生娘○ャブ漬け」発言が浮き彫りにしたマーケティングの残念な本質 私の前でドン引きしたP&Gマフィア、「ポリコレ」とビジネスの痛しかゆし(1/4) | JBpress (ジェイビープレス)

30コメント 2022-04-22 06:28|JBpress

ツイッターのコメント(30)

笑っちゃ不謹慎だと怒られるかも知れんけど、戦略的な部分ではマインドはわかり易すぎるほど分かるんだよなこの発言。この方の記事結構言い回しが笑える。
正直、少し古い、昭和なマーケティングを感じる。
日本企業の多くがまだ昭和な世界で生きてるからこれが普通だと思うんだろうな。消費材業界はこんな感じということか。
今更だけど、やっぱりあの告発者はフェミだったか。
まぁ…あの件はそんなもの関係なくドン引きだったが、多分日常のオフトークであっても密告という体のSNSカキコという全世界暴露してるんだろうな。
それはそれで生きにくいわな。(例の発言は擁護していない)
フェミニストでなくても指摘すると思うけど。

マーケの人たち「それが顧客軽視や女性蔑視を潜在的に意味していることにはあまり興味を持っていません。」
社内掲示板で普通に「高級な体験を求める顧客は寄ってたかってレイ〇する」他記載してるのもアウトだと思うが。。
「残念な本質」と題しているけど、「言い方はまずかったけど言ってることは大事」→「フェミに見つかったから叩かれちゃって残念」と言っている印象。
根本的なことがわかってない。
普通に面白くて悔しいwこういう見方もあるか
正直この話題、妻はすごく怒っている一方、僕は「まあ、マーケってそういう言い方・考え方するよね(表現は酷いけど、まあそう人種だしね)」とすごく温度差があって、僕はこの記事に結構納得。
マーケティングは残念と訴えながらそこに便乗する手法はマーケティングそのもの
(私は「マーケティング」擁護派です)
"世界的な製造業で、シンガポールのマーケティング責任者まで務めた大物マーケターの発言でしたから、その潜在的な女性蔑視や顧客軽視の姿勢を日本文化の後進性になすりつけるわけにもいかず、なかなか素敵なことになりました。"
この筆者も結局古臭さから脱却できない頭で伊東某の無理な弁護を試みてるだけに思う。

そもそも「要らん物」を買わせようとする発想の人間が如何に顧客相手でないとはいえ「要らんモノ」と匂わせるのは悪手でしかないと思う。
> そもそもマーケティング用語って、不穏当なものばかりなんですよね。
> マーケティングは不要なものを売りつけるための手法

んなわけ無い。マーケティングを貶めるのもいい加減にしてほしい。
最後ww

私の前でドン引きしたP&Gマフィア、「ポリコレ」とビジネスの痛しかゆし
そもそも「マーケティング」自体が技術の悪用の見本市って感じがするな
“P&G卒業組のマーケターの皆さんは、コンサル界隈では、俗に「P&Gマフィア」と呼ばれています。生娘をシャブ漬けにしているのはマフィアなのかいと言いたくなるところですが、ビジネス界隈では、本当にそう呼ばれておりますのでそれは私のせいじゃありません。”
極めて正論だよね。
正義感があっても売れなかったら経済は回らん。国家や経済(GDP)の役に立ってるのはむしろこういうサイコ思想を持ってる人間。世の中はそうやって回ってる。
エンジニアもすぐ「親/子を○す」とか言っちゃうので、お外での物言いは気をつけないとね。
7/
以上の引用記事はこちら。
この前noteに書いたとおりで、マーケティングの本質ってそんなに綺麗なものじゃないんだよね。だから好きなんだけど。
山本一郎ならさぞかし古市憲寿の牛丼福祉論を蒸し返して弄り倒していることだろうという期待は完全に裏切られてつまらん

私の前でドン引きしたP&Gマフィア、「ポリコレ」とビジネスの痛しかゆし
「吉野家ってのは殺伐としているべきなのだ」で、フフってなるインターネット老人会
現場からの非常に分かりやすい解説。やっぱ山本太郎一太一郎氏はライターとしてすごい。
まぁそう言うことよね。
高額商品の自動車だってどれでも本質的には同じっちゃあ同じだけど、それでも6人家族で5人乗りなんか買っちゃったら「おいあと1人どうすんの」とかあるけど、日用品とかの低価格汎用消費財って、ほんとにどれでも一緒だから、それ自体が業の山塊みたいなもんだよね。
山本一郎 氏に指摘されているとおりで、そもそも今「マーケティング」と言われてるものには、本質的に忌み嫌われる要素がある。

しかし、マーケティング従事者が、そのことに自覚的でないのが大きな問題。
吉野家周りの話題をちっとも見ないと思ったが 目を疑うこういうの   もあり わかってないのだな と 変に納得。
うーん。やっぱり俺って物事の切り抜きだけをみて勝手なこと言い出すやつって嫌いなんだよなあ。
うん、そう。。>事実として、そういったマーケティングそのものは正しいのだから、マーケティングに従事する人にとって、正しいことを分かりやすく簡潔に表現するにあたって、「生娘をシャブ漬けにする」という表現のどこが悪いんだとなるんですよね。
マーケティング用語って、不穏当なものばかりなんです。山本一郎さんのコラム。  「要らんもの」に値札をつけて売る、他社より凄く優れているわけでもないけど売る、という行為そのものがマーケティング。
「生娘シャブ漬け」という表現の不適切さばかりフォーカスされるが、マーケティングの本質を考えるとそうおかしな話ではない

⬇️
このような「要らんもの」に値札をつけて売る、別に他社より凄く優れているわけでもないけど売る、という行為そのものがマーケティングであります
以上
 
PR
PR