世界秩序を構築するリーダーに? 王毅外相会見で見せた中国の野望 ウクライナ戦争の停戦に中国の手を借りることの危険性(1/5) | JBpress (ジェイビープレス)

11コメント 2022-03-10 06:31|JBpress

ツイッターのコメント(11)

王毅は腰が引けながらも上から目線で東側を牽制している感じ。
中国の台湾、日本征服を可能にするし、そのテストケースとしてロシアのウクライナ征服は都合のいいテストケースだからね。
中露とも妄想に囚われた領土、支配拡大欲持ってるからね。
武闘派ヤクザとの和解を経済ヤクザに委ねて良いのかな?
いつから、中国は、偉くなったの?偉そうなことを言える国なん?アメリカや日本のおかげで中国は、進化できたんじゃなかったッけ。
ウクライナ戦争の停戦に中国の手を借りることの危険性 福島 香織 – JBpress(Japan Business Press) 2022.3.10(木)
まぁEU諸国からしたら死活的意味でアジアに関心があるのかって言うとそうでもないし、ロシア正面の事案でテンパってんの丸わかりなんよ。アメはアメで役に立つのか立たないのかわかったもんじゃないし。
ウクライナ侵攻の解決に…「中国の手を借りることは、台湾を代償にしかねず、そして何よりも、国際社会全体が中国という専制体制の大船に乗らされてしまう危うさがある」→
どう見ても中国が対話、外交重視でロシアに釘を差してくれるとは読めないが、今の米国にはそう見えてるのだろうか?
中国に、そんなリーダーシップなんぞ、あるわけない。
札束かチカラで抑え込むことしか、できない国なんだから。
ウクライナと台湾は本質的に異なる。最大の違いは、台湾が領土的に中華人民共和国の一部になったことはなく、文化的な根っこが共通しているわけでもない。福島香織さんのコラム。  中国がいかにロシアの肩を持ちたくても、クリミア併合もウクライナ東部の独立も承認できない。
以上
 
PR
PR