日本の裏社会で暴れまくっていた中国人マフィアはどこへ消えたのか? 当時と大きく変わった日本の状況(1/5) | JBpress (ジェイビープレス)

15コメント 2022-02-28 06:26|JBpress

ツイッターのコメント(15)

日本が相対的に貧しくなった結果密航する価値も無くなったと(笑えない)
昔は密航していた47人が在留資格条件の緩和により普通に入国してくるようになったということです。入国手段が変わっただけで本質は変わらないでしょう。
在留資格条件を厳格なものとし、密航者やそれを斡旋する者には極めて過酷な対応や処罰をすることが必要だと思います。
日本の低賃金と入国しやすさでCマフィアが減った?皮肉過ぎて素直に喜べない。
まぁ予想通りの答えだな。
なぜ日本から中国人マフィアが消えたのか。結論から言えば、日本に密航してくる価値がなくなったから、ということに尽きる・・・
「下剋上に成功して支配階層になったので」
「」
日本経済の停滞はとうとう中国マフィアにも見限られた┐(´-`)┌
中国マフィアからも日本の価値水準は割安で割に合わないと思われ、引かれているとは。

複雑な心境ではあるが、平和になったと思う事としよう。
密航してまで日本に来て稼ぐ価値がなくなったか…
当時の密航ビジネス…日本の保守も加担ではないか?全部安倍にメールで話した、もうこれ以上話したくない、在日の華僑は保守との繋がりが非常に強固である、その中の一部は既に政治界に勢力展開〜、これは日本に渡来の古代中原人とは別枝で中世からの新生代の客家人民族。
「入国制限を強化することで、かえって密航組織が暗躍する環境ができてしまう。むしろ犯罪歴がなく、正式な手続きを経た渡航希望者にきちんと門戸を開くことこそが、本当の意味での外国人犯罪対策になる」

なるほどね、、🤔
*時は流れてベトナム人が技能実習生として合法的に日本に入国できるようになった。コロナで帰国便が無いのをいいことにバックれる輩出現、そいつかどうか不明だが昨夜も旭川で同胞を刺し頃した者が。

蛇頭という組織は健在だが、日本から消えた中国人マフィア。花園祐さんのコラム。  日中間の賃金格差はは大幅に縮まり、日本に密航してくる価値がなくなった。在留資格条件の緩和に伴い、中国人が合法的に日本へ入国するハードルはかつてと比べて大きく下がった。
以上
 
PR
PR