中国人ロケット技術者が米国亡命、ベール脱ぐ極超音速ミサイル 南回りで米国を攻撃する最新システム開発、北朝鮮も保有か(1/6) | JBpress (ジェイビープレス)

15コメント 2022-02-03 06:11|JBpress

ツイッターのコメント(15)

今は戦争どころか、飛躍的に増大する社会福祉費用の捻出に頭を痛めている状態で、とてもとてもでしょ(滝汗)。対して、隣国はどうかというと……。
リアルか?フェイクか?
アメリカが極超音速ミサイルを失敗とかやけにニュースにしてたのは、、、
てゆーか007の元ネタの英国の機関が暗躍とか 胸アツだな

本当ならすごいよな
南回りで米国を攻撃する最新システム開発、北朝鮮も保有か 渡部 悦和 – JBpress(Japan Business Press) 2022.2.3(木)
超大ニュースじゃん
亡命の理由が昇進出来なかったことへの憤りというからなんともはや
これが現代か
中国人ロケット技術者が米国亡命

英国のタブロイド紙デイリー・エクスプレス(Daily Express)は1月23日、情報筋の話として、中国人ロケット科学者が米国に亡命したために、中国当局に衝撃が走っていると報道した。
★大物。MI6が亡命の手助けをした?

南回りで米国を攻撃する最新システム開発、北朝鮮も保有か

渡部 悦和
情報筋の話として、中国人ロケット科学者が米国に亡命したために、中国当局に衝撃が走っていると・・
ほう、ブックマークしとこ
中国人ロケット技術者が米国亡命
ベール脱ぐ極超音速ミサイル

亡命した科学者は
中国の極超音速滑空兵器や
極超音速ミサイル運搬システムの開発にも関係

英MI6チームと米CIAの2人が加わり
脱出計画を実行
家族とともに英国旧植民地→
ドイツの米軍基地→
英国経由で米国へ
中国ロケット技術者意外な米国亡命理由

30代科学者はイデオロギーでなく、極超音速滑空兵器開発で役割評価されず昇進拒否
①極超音速滑空兵器「DF-ZF」マッハ5以上高速飛翔、射程約~2400km
②部分軌道爆撃システム「FOBS」
人工衛星軌道利用極超音速ミサイル運搬システム
開発配備で先行する中露が、これらを迎撃できるシステムを保有していないことが重要かと。>>>
中国人ロケット科学者が米国に亡命したために、中国当局に衝撃が走っていると英紙。渡部悦和さんのコラム。  亡命した科学者は、DF-ZFのみならず人工衛星の軌道を利用して米国を攻撃する極超音速ミサイル運搬システム「部分軌道爆撃システムの開発にも関係。
以上
 
PR
PR