習近平の独裁がついにここまで、中国報道機関がすべて国営に メディア産業から民間企業を完全排除、その本当の狙いとは?(1/5) | JBpress (ジェイビープレス)

11コメント 2021-10-14 06:10 JBpress

中国のメディア弾圧にはそれなりの長い歴史があるのだが、メディア産業から民間資本を締め出す政策が打ち出されたときは、いよいよ来るべき時が来た、という気がした。(1/5)

ツイッターのコメント(11)

メディア産業から民間企業を完全排除、その本当の狙いとは



完全に引用のみ
最近の不動産関連や権力争いも含む
公平性の欠片もないな
習近平独裁がここまで、中国報道機関が全て国営に。俯瞰的に見れば習近平は毛沢東回帰路線に逆走中で経済成長より国有化を進め民営企業を排除路線をやり始めている。不動産市場も、子供の思想教育もネットやエンタメを通じた世論誘導も習近平は全てを完璧に制御したいのです。
アリババやテンセントなどの民間巨大プラットフォーマーへの締め付けではなく権力闘争が理由で、政敵の基盤であるメディア関連事業をつぶそうとしたのではという考察。もしそうなら付き合わされる国民は災難、、
メディア産業から民間企業を完全排除、その本当の狙いとは? 福島 香織 – JBpress(Japan Business Press) 2021.10.14(木)
よくそれでみんなが不満に思わないのが不思議。
でも、日本もだな🤦‍♂️
福島香織さんの記事です。
脱中国を進めなくてはならない、すぐに
きんぺーちゃんの独裁ではなく中共のやりたい放題を潰す為でしょ‼️
習近平政権が報道メディア産業から民間企業の徹底排除に踏み切ったのは、長期独裁確立に向けた権力闘争が絡んでいる。福島香織さんのコラム。  ターゲットにされているのは、第一財経や財新などの媒体、民営インターネットプラットフォーム企業の世論誘導・形成機能。
メディア産業から民間企業を完全排除、その本当の狙いとは?
以上
 
PR
PR