中国が慄然、不良に恋した美人教師が連続誘拐殺人犯に堕ちるまで 東アジア「深層取材ノート」(第104回)(1/4) | JBpress (ジェイビープレス)

3コメント 2021-09-16 11:21 JBpress

「鬼畜美人教師による連続誘拐殺人事件」――まるでホラー映画のような事件の判決が、先週9月9日に、中国江西省の省都・南昌の中級法院(裁判所)で出された。以来、中国のネットやSNS上で、(1/4)

ツイッターのコメント(3)

【防犯カメラを“監視カメラ”と言い換えるな、バカタレ-翼賛偏向:時事通信Jbpress-近藤大介】中国が慄然、不良に恋した美人教師が連続誘拐殺人犯に堕ちるまで…中国が誇る最新鋭の監視カメラが反応し…
★とにかく日本の翼賛ジャーナリストは言葉で読者を誘導しよる。
中国が慄然、不良に恋した美人教師が連続誘拐殺人犯に堕ちるまで(東アジア 深層取材ノート)

ノワール小説のような実話。
【閲覧推奨】『中国が慄然、不良に恋した美人教師が連続誘拐殺人犯に堕ちるまで』


※「美しい蛇」と呼ばれた殺人犯・労栄枝の生涯について、近藤大介さんが詳細に解説されております。日本ではあまり知られない中国社会の深層を垣間見るようで面白いです。
以上
 
PR
PR