「中国恒大」が経営危機、ついに来るのか中国の不動産バブル崩壊 東アジア「深層取材ノート」(第101回)(1/5) | JBpress (ジェイビープレス)

10コメント 2021-08-27 06:24 JBpress

俗に、「桐一葉落ちて天下の秋を知る」と言う。昨年1月に、中国の武漢でパンデミックが起こって以降、中国の官製メディアは、いかに官民挙げて経済復興を進めているかを「感動的に」伝えていた。(1/5)

ツイッターのコメント(10)

結局、バブル経済を崩壊させるのは不動産業界?
日本と同じ過ちを繰り返すのだろうか……?
🇨🇳の大手不動産会社。恒大が経営危機だ。創業者の許家印は立志伝中の人物で貧しい家庭から一代で成功し広州の帝王と呼ばれた人物だ。だが🇨🇳の言葉には仇富心。というものがある。金持ちを妬み嫉み没落する姿を見ることは溜飲が下がる。その代表的ターゲットになりそうだ。
東アジア「深層取材ノート」(第101回)(5/5) |
中共は、死に物狂いで中国恒大を救済すると思う。それが中共の面子を保つことになるからだ。
見捨てて、社会混乱が起きるのは何としても避けるだろう。
・売上10兆円
・本社社員14万人
・グループ企業従業員300万人

の中国最大の不動産企業グループが、来週にも倒産かも、ってリーマンショック級の株式市場の暴落来るのかもな~。

中国だけでなく、日米の株式市場も暴落かもしれないので、キャッシュ比率は高めておこう。
全然この関連のニュースないな。
大きく取り上げられても良いと思うんだけど...。
東北部軍閥の経営するノンバンクの破綻処理で共産党中央は各軍閥から恨みや信用を低下させているので、軍閥系の華為や小米には好きなようにさせ、新興財閥は叩くことにしているが…恒大集団も軍閥じゃなく財閥系だから海航集団のように粛々と清算させるんだろう。
不動産バブルは崩壊させるのは確定だけど、いかに軟着陸させるかを考えてるフェーズだと思う。
さらば21世紀の經濟覇權國家である
以上
 
PR
PR