作家・佐藤優が読み解く、菅首相がじんわりと怖いのはなぜか 緊急事態宣言とオリンピック開催が両立する菅首相の頭の中の論理(1/8) | JBpress (ジェイビープレス)

13コメント 2021-07-09 08:38 JBpress

「民主主義の消費期限はもう切れているのかもしれない」と話すのは作家で元外務省主任分析官の佐藤優(さとう・まさる)氏だ。コロナの封じ込めに成功した中国を見て、非常事態への対応には非民主(1/8)

ツイッターのコメント(13)

恐怖政治は早く終わらそう。
ひととおり記事読んだけど、エライ間違ってると思う。そんな単純なモンじゃない。強いモノを求める段階はとうに過ぎ去り、抑え込むモノに対しては反発が生まれて、政治側も配慮はしています。不正した者を切るんじゃなくて守るような人間では、それこそ危険です。
ブックマーク📖
緊急事態宣言とオリンピック開催が両立する菅首相の頭の中の論理(1/8) | JBpress (ジェイビープレス)
佐藤さんの独特の視点が面白い/ 緊急事態宣言とオリンピック開催が両立する菅首相の頭の中の論理(1/8) | JBpress (ジェイビープレス)
スガかアベか、どちらがいい?と言われれば、消極的には、スガなんだけど。今のスガ氏には、アベ時代のスガ的存在がいない(タワシ頭や、西村アナウンサーの無能なこと)と、いうのも致命的
CO2排出量を減らせるのは恐怖政治かもしれない。
中国では南方で反体制集会をしていたのではないかとの嫌疑で地下教会が摘発された。カトリック教徒の実数は僅かなものだろう。
トランプはオバマの裏打ちばかりしてた。その程度の政策の激変は経済に影響しないのか。
最後まで面白いインタビューだった。
特定の政党の支持母体と経済的に不可分な関係の人が読み解く菅義偉首相。これはこれで興味深い。政権側はこういうイメージを打ち出したい様子。
佐藤優が読み解く、菅首相がじんわりと怖いのはなぜか 〈彼は究極の現実主義者ですよ。河井克行(元法相)や河井案里(元参院議員)は、ガネーシャの会で菅さんの応援団だった人です。〉佐藤氏は河井応援団。
"私は自由民主主義を守りたいと思う…自由民主主義というのは、異なるベクトルの間で折り合いをつけていきます。その折り合いをつける基準は、フランス革命の自由、平等、友愛というスローガンの友愛ではないか"

佐藤優が読み解く
内容は良いんだけど、1本の記事で8ページ構成は多すぎ。広告の誤タップ・クリックが頻発しそう。スマホで見ると強制全画面表示広告もあるし。
みてぅ・・・
以上
 
PR
PR