TOP > 政治・経済 > バイデン親子が「中国で儲ける説」の裏付けが続々 福島氏の情報とも符合する習近平派とアンチの熾烈な工作合戦(1/5) | JBpress(Japan Business Press)

バイデン親子が「中国で儲ける説」の裏付けが続々 福島氏の情報とも符合する習近平派とアンチの熾烈な工作合戦(1/5) | JBpress(Japan Business Press)

26コメント 2020-10-24 06:46  JBpress

経営者層やマネジメント層など、日本の未来を創るビジネスリーダーのための総合メディア。国際情勢、最新ビジネス動向、イノベーションなどに関する深く本質的な論考を毎日更新。筆者が「米国を論評する『バカの壁』...

ツイッターのコメント(26)

なかなかプログレッシブ政治の米国共産主義者は熱狂的とのこと
なるほど。ハンター・バイデン(バイデンの息子)のスキャンダルが在米華僑系サイトでばんばん流れるのはこういう背景があったのね。
やはりそうですか
中国の言いなりのバイデンが米国大統領になったら、実質世界の覇権は中国のものと言っても過言ではない
米国民はそれをわかっているのだろうか

福島氏の情報とも符合する習近平派とアンチの熾烈な工作合戦
痴呆でロリのバイデンが核のボタン握るだけでも恐怖なのに…親の威を借る馬鹿息子、左派のハリス(不倫問題あり)とか!この周囲は酷い🤮日本の宇宙人👽ルーピーは家柄は良く、親族はまともだった。決定的に違う🤮
2020.10.24
⚡️
福島氏の情報とも符合する習近平派とアンチの熾烈な工作合戦(小川 博司
アメリカ大統領選挙で、期日前投票が急増して5,000万票を超える見込みだそうです。その理由が分かりました。殆どが民主党候補バイデンへの票です。
日本で言うと2階のジジイみたいな人なんやな?

知らんけどwww
バイデンスキャンダルは在米華人による工作ではないかという話。
だとすれば、大紀元あたりを見てれば何か見えるかも。
❰米大統領選2020❱ 福島氏の情報とも符合する習近平派とアンチの熾烈な工作.. -
バイデンというよりは、バイ米だった
最近とみに日本からのトランプ擁護記事とか目につく。
今日、こんな記事が出てきてゾクゾクした
もう下手なドラマより余程面白い!
中国は過去世界を2分して統治しようと米国に持ちかけたが拒否されたので米国を裏から統治する方向性に変えたのであろう。
小川 博司執筆「闇の大部分を日本人女性の中国ウォッチャー(福島香織氏)が突いた。筆者は彼女を全く知らないがこうしたグローバルの視点が一段と強まることを希望して著者の福島氏には申し訳ないとは思うものの、この分析がどれだけ正しく、また米国での事実を重ね合‥‥」
米と在米華人のネットワーク バイデン氏に「中国で儲ける説」浮上か
バイデンは非常にやばい❗️バイデン勝利なら、日本脱出も選択肢か?日本はやがて中国に蹂躙される❗️=>
中共に操られる恐れがあるバイデン氏より、トランプ氏の大統領再任を希望します。

福島氏の情報とも符合する習近平派とアンチの熾烈な工作合戦
いずれにしろ中国人が介入し、歪みを作るのです。やつらは数と資金で侵食し、公共や国、倫理、道徳は全て無視して、純粋に自分達の勢力の利益の為だけに平気で悪意も行使するので、奴ら以外は迷惑しかない
バイデン親子のウクライナや中国疑惑は、映画のストーリーのような内容だ。
違法な金のやり取り、中国への情報漏洩。
バイデンが大統領にならないで欲しい!
路德社已经上了日本yahoo了。
关于拜登问题,美国媒体避而不提的问题。
不思議なことにバイデン親子のスキャンダルに関する論考はほとんどど目にしなかった。これは米国のメディアが無視していることの影響だろう。
真っ黒なバイデンが何故❓️まだ大統領候補に⁉️理解できないアメリカの不思議。
これって投稿しただけで凍結されるの?
(現在・実験中)
以上
 

いま話題のニュース

もっと読む
PR