TOP > 国際 > 中国が憎み恐れる米国の対中政策ブレーンの“正体” 中国共産党と中国人の分断を促す余茂春(1/5) | JBpress(Japan Business Press)

中国が憎み恐れる米国の対中政策ブレーンの“正体” 中国共産党と中国人の分断を促す余茂春(1/5) | JBpress(Japan Business Press)

39コメント 2020-07-30 06:16  JBpress

経営者層やマネジメント層など、日本の未来を創るビジネスリーダーのための総合メディア。国際情勢、最新ビジネス動向、イノベーションなどに関する深く本質的な論考を毎日更新。トランプ政権は昨年後半から、中国共...

ツイッターのコメント(39)

4️⃣香港民主化は、西側諸国は支援しているのか⁉️
🔴🔵⚪《参考》
➡️➡️➡️中国共産党は中国人民の誠実な意見をいかなる敵よりも恐れているのです。彼らが権力のコントロールからはずれてしまうのを恐れているのです。
中国共産党と中国人民を分離……歴史的に正しい戦略すぎて本当にトランプ政権?みたいな感じが
米国の対中政策ブレーン
政府と人民を区別するなんて当たり前じゃないかとも思ったが、それが出来ない人ばかりなんだよな…。米国が意識的にそういう言い方をするなら、ここに気付く人も増えるか。悪い話ではない。→
福島香織: この違いは、ソ連のときと違います。中国はすでにグローバル経済に深く入り込んでいます。しかし、北京は我々が彼らに依存しているよもずっと我々に依存しているのです。
興味深い<「今の中共党員のほとんどがビジネスでの恩恵を期待して党員になったのであって、忠誠心などかけらもない」と<
@JBpress 福島香織
“実は、中国共産党が最も恐れているのは、その政権のレジティマシー(正統性)の揺らぎを人民に気づかれること、そして人民そのものである“

中国共産党と中国人の分断を促す余茂春(5/5) | JBpress(Japan Business Press)
この記事を読んで自らの考えを改めるべきと思いました。
"中国共産党=中国=広大な領土"と考えていましたが、憎むは中国共産党で中国国民ではないと。
中国を幾つかの独立国家に分割する案はどうなんでしょうか?
@JBpress「トランプ政権内に、中国語ネイティブの華人ブレーンがいて、対中政策の肝になる部分に影響を与えている」
マイク・ポンペオ国務長官が7月23日、カリフォルニア州のニクソン大統領図書館で行った演説「共産主義中国と自由世界の未来」
そして、福島さんの視点で見た、ポンペオの演説。ここに持っていくまでのスタッフについても書いてます。
中国共産党が最も恐れているのは、その政権のレジティマシー(正統性)の揺らぎを人民に気づかれること、そして人民そのものである。中国共産党にとって人民は最大の敵。だから、言論統制、大プロパガンダで、世論をコントロールしてきた。
中国人すべてが悪いのではない、共産党が問題なのだ
都合がいいなら仮想的国出身だろうが幾らでも抱え込むだろ。驚きでも何でもない。
用が済んだら捨てて後ろ脚で砂かけるし、捨てないのは利用価値がまだあるからなだけ。>
とても心強くなる記事です。
中共の反応を見ると、やはり正統性への揺さぶりは有効そうですね。
まさに共産党は擬人化した皇帝だ。中国人民は
強いものと利益が得られるも靡く。4000年変わらないな。

中国共産党と中国人の分断を促す余茂春(5/5) | JBpress(日本ビジネスプレス)
中国の軍事力がそれほどじゃないと思うのはこの部分。>

中国共産党にとって人民は最大の敵。だから、言論統制、大プロパガンダで、世論をコントロールしてきた。外敵から国家を守る国防予算よりも、国内の異見分子を鎮圧する治安維持部隊に国家予算を割くのはそのためだ。
26/ 中東情勢から、を取り巻く情勢に話題を転換するが(今後は外交問題全般に言及したい。)、米中情勢は深刻。
トランプ政権は、華人ブレーン を擁し、中国共産党と、中国および中国人民の分断を意識❗️
非常に読み応えがあった。そして理にかなっている。
ほぉ なかなかいいなぁと思ったら福島香織さんが書いておる
現代世界最凶毒裁者キンペは、内部からも破壊すべき。
情報の流れは止められない。
ここに書かれている通り、諸悪の根源は習近平共産党にあり
共産党員がばらまく最大のウソは、自分たちが、監視され、弾圧され脅され、本当のことを何も言えない14億人の人民の代弁者だとしていることだ。これはテレビや新聞が何の信任も無く、国民の代表と詐称するのと同じです。
ソースがJBpressなのはアレナニだけど、人民解放軍は元より中国人民を監視・制圧するための組織で、2010年から施行された国防動員法は18歳から60歳の男性及び55歳までの女性からなる人民及びあらゆる組織を徴用するための制度。

中国が憎み恐れる米国の対中政策ブレーン
引用
>しかし、わたしはすべての国家のすべての指導者に、米国がすでにやっていることをやり始めるよう呼びかけます。つまり中国共産党に対し、その対等性、透明性、説明責任を求めることです。彼らは一枚岩には程遠い、小さな統治者なのです・・・

5頁に渡る演説略翻訳から。
すばらしい。いい記事だ。
共産党員はほとんどいつもウソをついている。彼らがばらまく最大のウソは、自分たちが、監視され、弾圧され脅され、本当のことを何も言えない14億人の人民の代弁者だとしていることだ。(マイク・ポンペオ)
涙が出るほどの内容。
私のようなちっぽけな人間でも、weichatにtwitterの内容を紹介するだけで、知人から、最近更新ないのと言われ、自分が半閉鎖状態になったとようやく気がついた。ただの30人ぐらいフォロー。
> なぜなら、今の中共党員のほとんどがビジネスでの恩恵を期待して党員になったのであって、忠誠心などかけらもないことを知っているからだ。

福島香織さんの記事です。
@toshio_tamogami 中共の正統性は、「極悪非道な日本と戦い、勝利した」ことにある。だから日本の蛮行はあることないこと大きくなってくる。日本からのODAはひた隠しにされる。
実際には、日本のおかげで国民党を追いやることができたとかの毛主席も明言しています。
以上
 

いま話題のニュース

もっと読む
PR