TOP > 政治・経済 > 自衛隊特殊部隊、現場の隊員が心から思っていること 『邦人奪還』著者、伊藤祐靖氏が語る自衛隊と国防のリアル(1/5) | JBpress(Japan Business Press)

自衛隊特殊部隊、現場の隊員が心から思っていること 『邦人奪還』著者、伊藤祐靖氏が語る自衛隊と国防のリアル(1/5) | JBpress(Japan Business Press)

17コメント 2020-07-12 06:40 | JBpressキャッシュ

経営者層やマネジメント層など、日本の未来を創るビジネスリーダーのための総合メディア。国際情勢、最新ビジネス動向、イノベーションなどに関する深く本質的な論考を毎日更新。国家にはルール以前に「国家が目指しているもの」があるべきなんです。そこがものすごく大事。『邦人奪還』では主人公がそれを「国家理念」と呼ん...

ツイッターのコメント(17)

やっぱ自衛隊って特殊な組織で思考回路も独特なんだなぁ……

| JBpress(Japan Business Press)
この国のトップは、本当に日本を守る気があるのか!
その為には比例代表制を廃止にしないと!

『邦人奪還』著者、伊藤祐靖氏が語る自衛隊と国防のリアル(5/5) | JBpress(日本ビジネスプレス) @JBpress
二階派や田母神氏を蔑ます人間は刮目せよ!
『邦人奪還』著者、伊藤祐靖氏が語る自衛隊と国防のリアル(5/5) | JBpress(日本ビジネスプレス)

やはり、改憲議論をするためには、国家理念の共有が必要だと思います。
私達が忘れちゃいけないこと①北朝鮮の高度な軍事訓練を受けた工作員と自爆装置を装備している工作母船に、過去自衛隊が丸腰で乗り込んだこと
②尖閣諸島での中国漁船衝突事件の民主党政権の対応
命懸けの任務を行なった者が、非難されたり貶められ事は、消防士や警察では無いだろう。しかし、自衛官はどうだろうか⁈ 任務の厳しさは比較出来ない。
一応、申し訳ないとは思っていたんですね<尖閣上陸

『邦人奪還』著者、伊藤祐靖氏が語る自衛隊と国防のリアル >実は間抜けな話しなんです。自分はよかれと思って国旗を揚げたんですけど、考えたら結果的に海上保安庁に多大なご迷惑をおかけする形になってしまってですね。
例えば尖閣諸島の監視には強化された放水専門の船二隻を中国船の左右に配置して警告と共に遠方から放水し作業を中断させ領海から出てもらい深海用水中カメラでワイヤーの先を監視し追い払うのが良いと思う。
日本政府内で中国の利益に群がる親中派議員(売国奴)を排除すべき‼️
読んでて泣ける。。
国会議員、全員これ読め
自衛隊を知るという意味では読む価値あり。
現場は命令が下されれば腹を括って実行する意思がある。私達は本当に腹を括って、外敵に対して断固たる意思表示として「実力行使」を国にさせるべきでは無いのか?!
『現場の自衛隊員は、どんな職務でも「行け」と言われたら行きます。命を失うかもしれないけど、命じられたら行くんです』

『邦人奪還』著者、伊藤祐靖氏が語る自衛隊と国防のリアルJBpress(日本ビジネスプレス) @JBpress
同僚が貸してくれたので読んでみた。
もう一度読み返そうと、まだ借りっぱなしだけど。
気になる方は読んでみたら良いよ。
最後、あーそうきた!?
という感じです。
8年前、その尖閣諸島・魚釣島に単独で上陸し、山頂に上って日の丸を掲げた元海上自衛官の伊藤祐氏が語る
以上
 

いま話題のニュース

もっと読む
PR