TOP > 政治・経済 > 日本はいつまでスパイ天国を続けるのか 国家主権侵害で拉致された被害者救出のためにすべきこと(1/7) | JBpress(Japan Business Press)

日本はいつまでスパイ天国を続けるのか 国家主権侵害で拉致された被害者救出のためにすべきこと(1/7) | JBpress(Japan Business Press)

14コメント 2020-07-01 07:35 | JBpressキャッシュ

経営者層やマネジメント層など、日本の未来を創るビジネスリーダーのための総合メディア。国際情勢、最新ビジネス動向、イノベーションなどに関する深く本質的な論考を毎日更新。今日の日本は、安倍晋三首相の地球儀外交で国際社会の信頼を勝ち得ていると評されるが、毅然とした外交を支える軍事力を有しない。また、国内でスパイなどを取り...

ツイッターのコメント(14)

好き勝手されてる事にいい加減気づこう☝️
@nico_nico_news
日本の国防は崩壊している。
マスゴミの皆さんのおかげで、我らスパイは余裕で日本を侵略できます。
日本の政治家は自分たちが甘い汁を吸うために政治家やってるのではないかと。
いつか香港みたいになってしまうのではないかと思う。
腐ったマスコミ、腐った政治家、腐った官僚、誰が日本を守るんだ。
〉北朝鮮スパイにとってみれば、赤子の手をひねるようなもの」「日本の海上保安庁は武器は絶対に使わない。日本の法律でそうなっているのだから、スパイはほとんど恐れもしなかった」と語り、…〉

これを読んで左派はどう思うのか。

日本を守る為に法整備や改正は必要では。
実態を国民に教えない教育、政治、そしてマスコミに近因があり、憲法に遠因がある。こうして、戦後の日本は主権侵害に対してまともに対応できない『国防崩壊』の状況にあるのだ。
世界からまともな国と認めてもらえない、お花畑国(笑)

日本はいつまでスパイ天国を続けるのか(JBpress)
安倍晋三首相の地球儀外交で国際社会の信頼を勝ち得ているが、外交を支える軍事力を有しない。国家主権を侵害して連れ去られた人を取り返せない日本は「情けない」の一語に尽きる軍事力を放棄し「宦官と化した日本」であるからにほかならない。
憲法9条は平和の御守りだと思ってる日本人
軍事力無しに拉致被害者奪還の圧力を北朝鮮に与える事は出来ない
何でも話し合いで事足りると思ってる平和な日本人!
アメリカが北と交渉出来るのもバックに軍事力があるからだ!
少しずつ考える機会が表沙汰に…

日本はいつまでスパイ天国を続けるのか(JBpress)
国家主権侵害で拉致された被害者救出のためにすべきこと(1/7) | JBpress(日本ビジネスプレス)
全くそのとおり。
日本の大手メディアでこの様に書かれる時代がきた。
日本はこれから生きる。
スパイ天国からは、そろそろ卒業しましょう。
もっともらしい言葉で平和を唱えても、それはの本を守る気のない無責任者の絵空事。
日本はいつまでスパイ天国を続けるのか国家主権侵害で拉致された被害者救出のためにすべきこと - 安全保障を考える
以上
 

いま話題のニュース

もっと読む
PR