TOP > 政治・経済 > 香港「国家安全法」の衝撃、習近平が暴挙に出た理由 香港の一国二制度が終わる日(1/4) | JBpress(Japan Business Press)

香港「国家安全法」の衝撃、習近平が暴挙に出た理由 香港の一国二制度が終わる日(1/4) | JBpress(Japan Business Press)

83コメント 2020-05-28 08:18 | JBpressキャッシュ

経営者層やマネジメント層など、日本の未来を創るビジネスリーダーのための総合メディア。国際情勢、最新ビジネス動向、イノベーションなどに関する深く本質的な論考を毎日更新。習近平政権になって、胡錦涛政権の静かなる香港取り込み路線は大きく変更され、あからさまな香港中国化路線がとられた。(1/4)...

ツイッターのコメント(83)

完全に東アジアが戦場になる流れだよなあこれ
香港国安法について何故、今がよく解説された良記事だった
備忘録として。 /
香港の自由は終わり、一国二制度も終焉する。そして次は台湾が狙われている。日本は対岸の火事でよいのか?尖閣含め、明確に意思表示すべきだ。
@astrodea @Sankei_news @sin_fun リツイートもしたけど、この記事が一番面白かった。元産経の記者さんらしいので、スタンスは同じかも。
どうでも良いことで大騒ぎしてる日本のマスコミはスルー状態だけど、日本にも大きく関わる大ニュースだぞこれ
この記事のポイント
↓↓
中国は法治国家ではないのだから、
本当は無理して法律など作る必要はないはずである。
↓↓
米国が中国に戦争を挑んで来る?
それなら米国から手を出させてやる
「戦狼外交」
で対抗してやるぞ
↑↑
と、香港をネタにガチバトルの強行路線を選択
世界がきな臭くなってきた。コロナ渦、香港独立問題、世界は中国という国の害悪さをやっと知るようになった。
福島香織氏「香港をつぶすということは、中国は西側社会との決別を決心したということではないか」

「香港版国家安全法」の可決、再燃している香港デモは、米中対立の激化、武力行使による戦争の引き金になるかもしれません。
日本はどうすべきか。政府はどう判断するか。
Press)

香港の情勢について詳しく書かれた記事
個人的にこの記事が分かり易かった。
このままでは国際的な🇭🇰のスタンスが変わってしまうんだろうな。
・・・次は台湾!
「安倍独裁政権」とかよく見るけど、こっちが本物だよなぁ。
こんな独裁者絶対に国賓で呼ぶべきではない!(*`Д´)ノ!!!
最近見た中では一番それっぽい。最後の台湾の捉え方も興味深い。

: Press):
世界は日本ほどお人好しちゃうで…

マジで"かかって来いや!"的な挑発的尊大な態度(←但し中国の通常運転)で各国に喧嘩売って戦争する気なん?!

まぁ戦艦とかいっぱい作ってるし、ひょっとしてヤル気満々なの…😰
香港「国家安全法」ができるまでの経緯について、ジャーナリスト福島さんの分析。
習近平の落日か?
@kaori0516kaori [香港・国家安全法の衝撃]
・習近平氏が暴挙に出た理由
コロナ禍に自分達に都合の良い法案を通す習近平政権の狡猾さ、卑怯さが安倍政権とそっくりだと感じる。心の動きを読むなら安倍と習近平は似たもの同士だ。
長らく西側の自由主義社会と中華式全体主義社会をつなぐ回廊の役割を果たしていた香港をつぶすということは、中国は西側社会との決別を決心したということ。福島香織さんのコラム。  米国に「戦狼外交」(挑発的、恫喝的、攻撃的な敵対外交を指す)で対抗する習近平政権。
香港国安法(国家安全法)に関し、
「解放軍関係者がこの法律について支持表明を出しているのが不気味だ。」
チュウゴク、こっかあんぜんほうとほんこんと。
香港市民がデモを起こしても、デモ参加者を「国家に反逆する犯罪者」として逮捕できる法的根拠がすでにできている。

つまり、デモは禁止ですね。
デモ隊は何時でも逮捕され、中国で裁判されて最長30年の懲役にされてしまうと。
この記事は非常にまとめられていて必読。
今後のwithコロナに匹敵するレベルの話題。
香港への暴挙に官民とももっと声をあげないと
なるほど・・穿ち過ぎかもしれないけど見方としては興味深かった。
2025.計画や次々と行うパクリ技術。
何時までそんな国家が続き得るのか。

軍事技術迄パクれば周辺国は中国に危機感を持たない国ばかりになる。

札束で顔を引っ叩くのはイタリアで終わり。コロナで下手こいた
香港国家安全法の衝撃、習近平が「暴挙」に出た理由


>・中国自滅のシナリオを詳しく
>世界各国から非難され孤立。そして暴挙へと移行し、各国から一斉に攻められ終焉。(2010/11/21)

コロナで孤立し香港で暴挙、そして日本ブチ切れへ
全文はとても長いけど今回の流れに至る経緯や背景分析、この法律が制定される事での影響や、そこから派生する事象迄幅広く書かれた良記事
--
まぁそら、50年間一国二制度維持、とか信じてはなかったが……。
そろそろ、ビンラディンみたいにしないといけないんじゃない?
香港が終わる⁉︎
いや、中国共産党の終わりの始まりだ
香港の一国二制度の終焉は、新型コロナ禍よりも大きな災禍?
中国ってえのは最低な国だねえ。世界的非常事態の状況で自由な人民をねじ伏せるとか卑怯で最悪の人たち。映画やドラマのスパイもので出てくる悪役そのもの。
香港はどうなるのか 今日が歴史的分岐点と あとの時代に振り返るられるかもしれない
ふむふむ。香港の人、逃げて~、って事態になりませんように…。
> 香港をつぶすということは、中国は西側社会との決別を決心したということではないか。
中華思想的には、西側社会も中国の配下に入れることを決心したとなるのでは?
。これは米中新冷戦が熱戦(直接的な武力行使)の入り口に近づくくらいのリスクがあると私は思う
締めのシナリオに向かうほど世界は優しくないと悲しくも思うが、結局色々挙げられている条件(特に対国内へ必要に迫られたと思う)が揃ってぷーさん的には今こそ!というタイミングだったのだと思っている。みんな自国のウィルス対応に必死で他国構ってる場合じゃないし。
「台湾が香港を吸収する形で香港の役割を肩代わりできるようにはならないだろうか。米国や英国、日本、EU、オーストラリアあたりが本気で協力すれば、台湾を正式メンバーとして組み入れた国際社会の枠組みを再構築することも可能だと思う」

さすが福島香織氏。それだ。
これは香港からカネが逃げていくんやないか?
福島香織さんにこっそり同意。

「台湾が香港を吸収する形で香港の役割を肩代わりできるようにはならないだろうか。米国や英国、日本、EU、オーストラリアあたりが本気で協力すれば、台湾を正式メンバーとして組み入れた国際社会の枠組みを再構築することも可能だと思う」
解説記事読んでみた。米中対立加速しますかね。
さてさて→この香港国安法が日本ではあまり危機感をもって受け取られていないのは残念だ。これは米中新冷戦が熱戦(直接的な武力行使)の入り口に近づくくらいのリスクがあると私は思う。香港をつぶすということは、中国は西側社会との決別を決心したということではないか。
一国二制度の崩壊で香港に自由が無くなる💀 恐怖すら感じる💀
香港政府に国家安全条例を制定する能力がないとみた習近平政権は、同様の法律、つまり香港国安法を、香港立法会を無視して成立させることにした。本来、一国二制度下でありえないことだ。建前もくそもなく、一国二制度を堂々と無視したわけだ。
「一国二制度」香港、やっと少し理解。>だが、香港自らが望んで、彼らを取り締まる法律をつくれば問題ない。基本法23条に基づいた国家安全条例ならば、直接・間接選挙で選ばれた市民の代表である香港立法会を通じて制定された法律である。つまり香港市民の総意で @JBpress
もっと見る (残り約33件)
 

いま話題のニュース

PR