TOP > 政治・経済 > 世界最大の民主主義国インドで点火した中国への怒り 全土ロックダウンの延長を重ねて新型コロナと壮絶に格闘(1/3) | JBpress(Japan Business Press)

世界最大の民主主義国インドで点火した中国への怒り 全土ロックダウンの延長を重ねて新型コロナと壮絶に格闘(1/3) | JBpress(Japan Business Press)

60コメント 2020-05-13 08:10 | JBpressキャッシュ

経営者層やマネジメント層など、日本の未来を創るビジネスリーダーのための総合メディア。国際情勢、最新ビジネス動向、イノベーションなどに関する深く本質的な論考を毎日更新。ロックダウンが続くインドで4月中旬、著名な法律家たちが、中国当局のコロナウイルス感染拡大の責任を追及する訴えを国連の人権理事会に提出した。...

ツイッターのコメント(60)

5/13の記事ですが、

>訴えの中心になったのは、全インド弁護士協会の会長、アディッシュ・アガルワラ氏である。

どっかの国の左巻き弁護士会会長にアガルワラ氏の爪の垢を煎じて飲ませたい!
インドの全土ロックダウン(都市封鎖);
・公共施設、商業施設はすべて閉鎖
・航空、鉄道などの交通機関も停止
・個人の外出も絶対必要な場合を除いて全面禁止(罰則あり)

それでも感染収束せず、3週間予定が2度延長されてもうすぐ2ヶ月か。。きつい。
インドのコロナ禍経緯。強硬なロックダウン化でも感染拡大していて心配ですね...。対中国政策もどうなるのか。/
5/13(水) 8:01配信
インドは13億人近くの全国民がロックダウンで外出できなかった。4人に1人が失業してしまった。経済がガタガタ。コロナの影響がデカすぎる。日本はマシな方。
日印同盟はよ。
インド人、怒った!?
中国は世界中で顰蹙買っているな。
日本も是非!

訴状は「中国の新型コロナウイルス感染症への対応は、人権保護、公衆衛生、等に関する国連の多数の規則に違反した謀略的な行動の結果であり、諸国は膨大な被害を受けた」として、中国政府、中国人民解放軍、武漢ウイルス研究所責任の明確化と損害賠償を求める
ホンマ中国政府ってやつは。開かれた中国を!
インドでも法律家集団が国連で中国の責任追及を提起する手続。

米共和党が対中制裁法案を上院に提出すれば、インドの法律家集団が国連に中国への損害賠償を求めて「中国は人権保護、公衆衛生、防疫対策等に違反し謀略的行動をとった。政府、軍、武漢病毒研究所等の責任明確化を要求する」と訴え。いよいよ世界中で"火の手"が上がり始めた。
インドの著名な法律家たちが、中国当局のコロナウイルス感染拡大の責任を追及する訴えを国連の人権理事会に提出。
インドが熱いな
インドも大変なことに... →
インドも参戦。
チャイナへの責任追及や損害賠償金請求の動きが全世界に広まっています。

「インドの著名な法律家たちが、中国当局のコロナウイルス感染拡大の責任を追及する訴えを国連の人権理事会に提出」
戦争一歩手前。
日本も続け‼️
ここはネトウヨ御用達メディアですので
記事内容は
「嫌韓・反朝・蔑中への洗脳誘導」
「世界の敵=中国を殲滅せよ」部分を減算して
読むのが正解です(笑)

「世界最大の民主主義国インドで点火した中国への怒り」。間違っても、中国側について欲しくない。媚中議員が多いから、心配だ。
@Dreaux_CHt @w1QSQolt4oVOtVn 4月中旬、世界で二番目に人口の多い、世界最大の民主主義国インドは、国連・人権理事会に20兆ドルの損賠の訴状を提出。
衛生状態等が貧弱なインドは、コロナ危機で全土閉鎖(ロックダウン)の解除延長を重ねて、目下、新型コロナ・ウィルスと壮絶に格闘中。
ついにインドまで動き出した模様。当然の結果…
インドとはしっかり仲良くやっていきましょうね >>>
この記事を書いている古森義久は麗澤大学特別教授となっているが、ここは中高一環教育も行っており、「つくる会」の教科書を使っている。中国とインドは領土問題で武力衝突した過去があり、対立している。インドの肩を一方的に持つのは公平を失している。
米国、イギリス、フランス、オーストラリアなどで強まる中国への責任追及や損害賠償金請求の動きは、いよいよ世界全域に広がりつつあるようだ。-記事

→天安門事件後、孤立した中国を助けた日本。
間違っても、一度中止した習近平来日はまかりならぬ。
インド人の論理展開は凄いよ。商売でトラブった時、途中で逃げ出したくなるほどで、商売しなければよかったと後悔した程。中国も大変だ! インド頑張れ!!
米英仏豪で強まる中国への損害賠償金請求の動きは、いよいよ世界全域に拡大。日本は天安門事件の時と同じ対応ですかー?

2020.5.13 古森義久氏
5月11日の時点で、インド全体での累積感染者数は6万7161人、死者は2212人。インドの著名な法律家たちが、中国当局のコロナウイルス感染拡大の責任を追及する訴えを国連の人権理事会に提出したとか。
米、英、仏、豪、印に日本も続け!
世界がチャイナに損害賠償する中、日本は不動産を買い漁られ尖閣諸島を差し上げる
やっぱ、中国かな?
>インドの著名な法律家たちが、中国当局のコロナウイルス感染拡大の責任を追及する訴えを国連の人権理事会に提出した。
日本が責任追求するなら中共だけでなく、日本へいらっしゃいとやった安倍晋三も責任追求する必要がある。
憎悪Ψ(`∀´)Ψケケケ
全土ロックダウンの延長を重ねて新型コロナと壮絶に格闘(2/3) | JBpress(日本ビジネスプレス)
→日経の3月25日の時点での累計感染者数は606人だが、この記事では2万3077人となっている。どちらかが間違
世界中怒ってるよ‼️
中国には。
インドも賠償請求へ。
尖閣に手を伸ばしてくる中共に、日本も賠償を請求するのは、「やむを得ない」。
>中国の責任追及に立ち上がったインドの法律家たち
>こうした状況のなか、ロックダウンが最初に延長されて間もない4月中旬、インドの著名な法律家たちが、中国当局のコロナウイルス感染拡大の責任を追及する訴えを国連の人権理事会に提出した。
世界的な流れになってるね。
でもその通りだよね。
動かない方がどうかしてると思います( *˙ω˙*)و グッ!
日本政府はインドを支持すると表明してほしいですね。武漢肺炎についてはもう半端な決着は想像できない。
なるほど…ねぇ
スジは通ってるね。間違ってる要素は見当たらない
世界からブチギレられる中国共産党
…インドでも中国の責任追及の動きが主に法律家の間で高まりつつあります。当然だと思う…日本は?
まともな感覚を持つ武漢の医師たちの初動を政治的な理由で封じた中共の愚行は国内外から追求され続けるだろう、D/ | JBpress
インドの著名な法律家たちが、中国当局のコロナウイルス感染拡大の責任を追及する訴えを国連の人権理事会に提出した。
中共に対して全世界が謝罪要求しても日本政治家はあまり強く言えなさそう
「中国共産党政権に責任を取らせよう!」「だが、一般の中国人への差別は止めよう」の2つのスローガンで運動を世界に広めれば、国内から内応が始まり中共政府はぐらつくだろう。

全土ロックダウンの延長を重ねて新型コロナと壮絶に格闘| JBpress(日本ビジネスプレス)
中国包囲網の形成。
今まで親中派だった国々にも早く広がれば良いな。
自由民主主義に反する覇権国家の台頭は、国際社会の脅威だ。
中国共産党解体へ舵を切れ!全ては世界平和実現の為に!
コロナで苦労してるインド事情。政府はともかく法曹界は激おこな模様。>
日本も早く損害賠償を行い中国に対する姿勢を世界に見せるべき。
このままでは巻き込まれ、気が付けば日本が損害賠償を払ってる馬鹿げた状態になりかねない。
「世界最大の民主主義国」と評されるインドが中国発の新型コロナウイルスと壮絶な戦いを続けている。ついにナレンドラ・モディ首相に近い法律家集団が、国連で中国の責任追及を提起する手続きをとった。
世界最大の民主主義国と評されるインドが中国発の新型コロナウイルスと壮絶な戦いを続け
ついにナレンドラ・モディ首相に近い法律家集団が、国連で中国の責任追及を提起する手続きをとった。
以上
 

いま話題のニュース

もっと読む
PR