TOP > 政治・経済 > 「マスク外交」失敗で中国が世界で孤立する可能性 「世界の目が中国に対し厳しくなる」危機感が中国国内からも(1/6) | JBpress(Japan Business Press)

「マスク外交」失敗で中国が世界で孤立する可能性 「世界の目が中国に対し厳しくなる」危機感が中国国内からも(1/6) | JBpress(Japan Business Press)

24コメント 2020-04-23 06:25 | JBpressキャッシュ

経営者層やマネジメント層など、日本の未来を創るビジネスリーダーのための総合メディア。国際情勢、最新ビジネス動向、イノベーションなどに関する深く本質的な論考を毎日更新。パンデミック(世界大流行)となった「新型コロナ禍」は国際秩序をどう変えるのか。中国の習近平政権指導部は、世界の目が中国に対し厳しくなる可...

ツイッターのコメント(24)

いま正規のルート以外で販売されているマスクは、世界で返品された不良品を日本に持ってきてる可能性がある。有名人や企業、クラウドファンディングで調達するマスクも危険ですね。気をつけよう
エマニュエル・マクロン仏大統領が3月下旬、習近平総書記との電話会談で10億枚のマスク支援を要請したが、「5G整備に『ファーウェイ』の設備を導入したらマスクを送る」という提案をしたという。
あ、「マスク外交」って別にプレゼントじゃないのか。売りつけてるんだよね。
中国は「マスク外交」「公衆衛生外交」によって「4月上旬までの1カ月で、約1500億円を超える輸出をしている」らしい。
野口東秀 中国が信用回復、影響力拡大のためのマスク・公衆衛生外交は失敗に終わる可能性が高い。新方針を出す必要があるが権威低下を恐れ誤りを認められない。
公表されないアベノマスク、ひょっとすると中国企業が………

「世界の目が中国に対し厳しくなる」危機感が中国国内からも(4/6) | JBpress(日本ビジネスプレス)
中国は終わった、やりすぎた。謝罪と賠償払いなさい。
中国って、大国面する割には「パンダ外交」とか「ピンポン外交」とか「マスク外交」とか一々貧乏臭い外交するよな。
米国一部政治家、様々な領域で中国に圧力と汚名と。
それ中国のが遥かに上だ、信頼破綻の原因は中国の考え方、或いは思想にある。
それが行動に現れるのだから。
@JBpress
世界が去中国化をめざそうとしても事が落ち着けばまた中国の経済戦略に世界は落ちていく気がしないでもない
自画自賛に酔いしれるのは、旧日本含め、南北朝鮮はじめ過去から今に至るまで、どの国も同じだが、今回は子飼いのWHOテドロス氏も、信用ガタ落ちだから借金漬けにしてる国でないと体外的な味方にすらもうならないだろうし、借金漬けの国からも更に反感を覚えさせただろうな。
体制内部の「分裂」は習近平総書記の基盤を揺るがしており、世界の中国を見る目が一新されない限り、中国が主導する国際秩序のシナリオは遠くなったとしか思えない。 |
”放火犯とまでは言わないが、大火災を引き起こした者が消火に協力したから称賛されるという話にはならないだろう。これは通常「マッチポンプ」と言われる。”

マッチポンプを受け入れない各国(らしい)
「世界の目が中国に対し厳しくなる」危機感が中国国内からも(6/6) | JBpress(日本ビジネスプレス)
→現代中国人の多くは自分の過ちに気付いても謝罪する事は非常に少ない。他の所為にするかその話題から逃る
体制内でもソフトパワーを蔑ろにしがちな中国式外交への危機感と批判の声は一応あるのな。
目覚めよ世界!
「中国の“感謝しろ”という『感恩外交』は、私は支援するからあなたは歓迎しなさい、私に良いものを与えなさいというもの。これでは、外交としての品格、道徳に甚だしく欠け、援助を受けた国の中国を見る目も変わってしまう」
そんなことにはならんと思うが。
"この2週間ほどで、急速に世界の中国を見る目が変わったことにより、指導部に近い中国のシンクタンク関係者は、中国を取り巻く状況に我慢できなくなり、指導部に直言"
国外向け輸出には突然「非医療品」シールを貼るよう義務付け、輸出を遅らせる一方、国家が大量に買付け外交に利用する…これがマッチポンプと言うやつですね。
「マスク外交」かどうか、どうでも良いが中共に対する考え方は世界が変えるだろうと思う。
以上
 

いま話題のニュース

もっと読む
PR