TOP > 国際 > 米軍全体に広がるコロナ感染者、海外展開凍結へ アラスカや南西諸島で中国・ロシアの軍隊が行動活発化(1/6) | JBpress(Japan Business Press)

米軍全体に広がるコロナ感染者、海外展開凍結へ アラスカや南西諸島で中国・ロシアの軍隊が行動活発化(1/6) | JBpress(Japan Business Press)

11コメント 2020-04-12 06:19 | JBpressキャッシュ

経営者層やマネジメント層など、日本の未来を創るビジネスリーダーのための総合メディア。国際情勢、最新ビジネス動向、イノベーションなどに関する深く本質的な論考を毎日更新。米国防総省当局者によると、「セオドア・ルーズベルト」に次いで原子力空母の「ロナルド・レーガン」、「カール・ビンソン」、「ニミッツ」でも乗組員が新...

ツイッターのコメント(11)

アラスカや南西諸島で中国・ロシアの軍隊が行動活発化

やはり太平洋での米海軍の動きが弱まれば、当然中国やロシアはアップを始めるわけだ。憲法改正・国軍創設・核武装を一刻も早くするしか無いぜ。
@iwakamiyasumi 高濱賛氏:日米同盟にも大きな影響力が出てきそうが、それよりも自衛隊内の感染状況はどうなっているのだろうか。(JBpress)
米軍全体に広がるコロナ感染者、海外展開凍結へ(JBpress)

仕方ないさ。わざわざ肉のかたまりをひき肉にしたハンバーグデカいステーキをつくることは、内部被ばく対策以外にも効果的だ。

米軍だけでは無い。中国、ロシア、南極地下街軍だって真っ青な事態だ。被ばくがな。
監視とミサイルが無傷なら

米軍全体に広がるコロナ感染者、海外展開凍結へ(JBpress)
備忘録として。 /
>恐れていた事態がついにペンタゴン(米国防省)を襲った。原子力空母「セオドア・ルーズベルト」の乗組員416人が新型コロナウイルス(以下新型ウイルス)に感染していることが判明したのだ。
世界中の軍事費を全て、新型コロナウイルス対策に充てよ! 戦争やってる場合か?


アラスカや南西諸島で中国・ロシアの軍隊が行動活発化
JBpress(日本ビジネスプレス) 2020.4.12(日)高濱 賛

@JBpress
米軍全体に広がるコロナ感染者、海外展開凍結へアラスカや南西諸島で中国・ロシアの軍隊が行動活発化 - オリジナル海外コラム
新型ウイルスが猛威を振っているのは米海軍の空母だけではなかった。感染は陸軍、空軍、海兵隊、州兵にも広がっている。高濱賛さんのコラム。  中国が米国の足元を見て、今後露骨な軍事威嚇活動に出る可能性は大だ。
恐れていた事態がついにペンタゴン(米国防省)を襲った
以上
 

いま話題のニュース

PR