TOP > 政治・経済 > 元厚労相が叱る!国は新型インフルの教訓忘れたか 新型コロナ感染対策を急げ、ヤジで国会空転させてる暇などない(1/4) | JBpress(Japan Business Press)

元厚労相が叱る!国は新型インフルの教訓忘れたか 新型コロナ感染対策を急げ、ヤジで国会空転させてる暇などない(1/4) | JBpress(Japan Business Press)

57コメント 2020-02-15 07:59 | JBpressキャッシュ

経営者層やマネジメント層など、日本の未来を創るビジネスリーダーのための総合メディア。国際情勢、最新ビジネス動向、イノベーションなどに関する深く本質的な論考を毎日更新。新型肺炎の感染が世界各地に広がっているが、中国以外で感染者が急増しているのが、横浜港に停泊中の「ダイヤモンド・プリンセス号」だ。この状...

ツイッターのコメント(57)

新型コロナ感染対策を急げ、ヤジで国会空転させてる暇などない(4/4) | JBpress(Japan Business Press) /
舛添は厚労相としては頑張っていた。
今からでもチェンジできないか?
感染管理に失敗しているのは明白だから、そこはスルーして、人格攻撃に持っていく御用学者。

舛添要一氏の体験談を読むとどんな言い訳も無力。



高山義浩
「元厚労相」と書かれると説得力がありそうに思われるけど、「舛添要一」と書かれると説得力が薄らぐ私の偏見具合w
元厚労相が叱る!
国は新型インフルの教訓忘れたか
新型コロナ感染対策を急げ


一所懸命読んでみたけど、ほぼ過去の経験を語っていて(自慢ともいう)、
最終的な提言は
「政府は、これまでの方針を改め、新型コロナウイルスと戦う本格的な体制を整えねばならない」だった。
2009年新型インフルの時に厚労相だった舛添が、「過去の教訓が生かされていない」 と指摘している記事

舛添の指摘は尤もだし貴重な意見だと思う

…しかし。舛添が厚労相の時、陰圧病床もあった横浜の病院を廃止する等、医療切り捨てをしてきた事の反省もして
10年前の新型インフルエンザ発生のときに首相だった政治家が副首相として政権に参画していながら、この杜撰な危機管理は残念である
→麻生に「学習」能力はない。今もBar通いか知らないが。
>政府の専門家諮問委員会は、メンバーを教授以上の肩書きの者に限るなど官僚的、権威主義的だった。そのため、若手の専門家や既存の医療エスタブリッシュメントに反対する者の意見が入ってこない。
教訓よりも、お金や利権の方が大事だと思っているっぽい。
…何も教訓なんて覚えちゃいめぇよ(怒)まぁしょうがない、そんな奴らを選んだ国民もダメなんだから。(アタシャ選んじゃいないが)
オリンピック
海外から
誰も来なくなるかもよ。
危機管理意識が足らない気がしてなりません。
舛添は好きじゃないけど、おっしゃるとおりです。
ステラモール店内でセブンカフェコーヒーがあるから百円。テーブル席がリニューアル後に増え、楽チンだ。最近の若い人に楽チン単語はいわゆる死語で意味不明かな?ふと思う。
安倍政権がいかに国民の健康を害してるかわかるな!国民の健康より国家主席の国賓招待の方が大事なのか?有権者を危険に晒してもいいのか?
このままでよいのでしょうか?
今こそ皆立ち上がる時では??
*舛添氏貴方には言われたくないでしょうね(笑)
舛添元厚労大臣の発言
アンタも面倒なのを知ってるくせに簡単に言うねぇえ・・・

「すごく良いこと言ってるーっと思ったら、あなたでしたか。」
政府の肺炎対策 旧日本軍のよう
私(注:舛添要一)は、東大で医学部の学生を教えていたので、教え子には医者や第一線の研究者がたくさんいる。厚労大臣のときは、その教え子ネットワークを活用して、医系技官たちの嘘や隠蔽や捏造を潰していったのである。
PCR検査なども最初から民間への委託を最初から考えておけば、もっと迅速に、もっと大量に検査ができたはずである。
>舛添さんが言ってもなんの役も果たさないのをわかってないんだろうな。
#舛添
舛添さんだったのか。
すみませんがこな無能ハゲを元厚労相と呼ぶのやめて下さい。最初から最後まで無能でしたよ。
これはゾエの言うことが正しいわ。とにかく日本の一番ダメな「戦力の逐次投入」
政府の肺炎対策に舛添要一氏が喝「過去の教訓が →「10年前のことは忘却の彼方ということなのかもしれない」お前が、税金を私的に遣込んでネコババしてた事は、全然忘れてないんですけど。1ミリも反省してないのね、さすが朝鮮ハゲ。日本人とは、メンタルが違う。
過去の教訓をいかしてほしい。
戦力の逐次投入、動きだしたら止まらない組織、縦割り行政。人間は歴史の過ちから教訓を得られる唯一の生き物だと思っていたが、日本はそうでは無かったらしい。
戦後生まれのお前が日本軍の何を知っているというのか、もういい加減馬鹿な比喩は辞めるべき、ヒトラーやナチスを知らんうましかコメンテーターと同類。
民主党は原発対策の失策と内輪揉め過ぎで失墜したが、自民党はコロナ対策の失策と内輪重視過ぎで失墜するかもね。
「2009年に新型インフルエンザ…厚労大臣として対応…そのときに苦労した経験が、今回の事態に活用されていない。そのときの首相は、今の麻生財務相兼副首相…10年前のことは忘却の彼方ということなのか…安倍首相は、腹痛で辞職し、政治の表舞台からは退いていた」
今回、各地方自治体と中央政府の連携が十分でないし、前者の自主性を認める措置もとっていない。
PCR検査なども最初から民間への委託を最初から考えておけば、迅速に、もっと大量に検査ができたはずである。
安部と麻生じゃ無理だろう
インパール作戦で一億火の玉だ
「縦割り行政を調整するのが内閣総理大臣の役割であるが、全く機能していない。役人は首相の意向を忖度するのは上手でも、他の省庁など関係ないのである。いわんや危機管理など念頭にない。マスコミは、信頼できる専門家の力を借りて、正しい情報を国民に提供する義務がある」
新型コロナ感染対策を急げ、ヤジで国会空転させてる暇などない
>厚労大臣のときは、その教え子ネットワークを活用して、医系技官たちの嘘や隠蔽や捏造を潰していった
新型肺炎
新型のときは家族ががかったら仕事休みなさい。だったなー。妹がかかって休んだの懐かしい。っていうかさ、私よりもご高齢の国会議員様の方が危険度高いんだから、もっと真剣に対策考えた方が良くない?←
結局、自民政権のせいにしたい訳だ。責めるべきは日本の政府ではなく中国政府だろう。拡散した最初の原因を糾弾せずに二次的な原因だけを責めるのは、現政府を貶めたい意図があるという事。
省あって国なしという縦割り行政、それを調整するのが内閣総理大臣の役割であるが、全く機能していない。
新型インフルと闘った教訓はどこへ
納得すべきところが数多くある。
損得勘定ばかりで物事を考え一つの命を全く見ていない。

政治家は単なる主導役、まとめ役と思っているのならば大間違い。

今の政治家は政治の意味を忘れている。最も人を導き救える存在。聖職と認識されよ。
要するに今の政府は「能無し」の「人でなし」という事ですな。
長期政権は良くも悪くも大本営体制になりがちなんよ>
"安倍首相は、腹痛で辞職"ってコレが元厚労相()..."潰瘍性大腸炎"という難病に対して、記事内容以前の話。
幼稚な国だな。その場その場の偽善で動くなよ。戦ってるんだからよ。「200人もの乗客や乗務員が感染するクルーズ船を揶揄して、海外メデイアは「浮かぶ微生物培養シャーレ(ペトリ皿)」と評して批判している。」
言ってる人間が舛添だが、元厚労相だったことをすっかり忘れていたな。
新インフル蔓延の当時と違い、政府と各省庁や地方自治体との連携がおざなりになってるのは注目のところだな。
教え子には医者や第一線の研究者がたくさんいる。
厚労大臣のときは、その教え子ネットワークを活用して、
医系技官たちの嘘や隠蔽や捏造を潰していったのである。
国会で感染したらいまの政治屋が刷新されるかも!今の国会議員は40才以上の中高齢者が多いから感染したら悪化しそう!
「 新型コロナ感染対策を急げ、ヤジで国会空転させてる暇などない(JBpress)」→ 舛添さんは、政治家としてはいまいちでしたが、国際政治学者としては非常に有能かと。確かに言っていることは的を得ている!
◆こんな国会いつまでやっている
もっと大切なことあるだろう
国民無視の政治だ
日本人だって怒りますよ。

@JBpress
新型コロナウイルスによる肺炎、感染源、感染経路の不明な人が出始めている。これは、今後もっと増える。新たなフェーズに入ったことは確かだ。しかし、政府の対応は後手後手に回っている。クルース船も深刻だ。転換すべき政策について、JBpress に寄稿した。
以上
 

いま話題のニュース

もっと読む
PR