TOP > 政治・経済 > 中国に必要な「メディア統制の解除」という処方箋 新型コロナウイルス封じ込めに失敗、中国は情報公開で信用回復を(1/4) | JBpress(Japan Business Press)

中国に必要な「メディア統制の解除」という処方箋 新型コロナウイルス封じ込めに失敗、中国は情報公開で信用回復を(1/4) | JBpress(Japan Business Press)

19コメント 登録日時:2020-02-06 06:46 | JBpressキャッシュ

経営者層やマネジメント層など、日本の未来を創るビジネスリーダーのための総合メディア。国際情勢、最新ビジネス動向、イノベーションなどに関する深く本質的な論考を毎日更新。情報公開に踏み切らないことには、習近平政権に対する中国人民の不信感も、官僚の機能不全も修復されず、「新型肺炎を情報隠蔽によって拡大さ...

ツイッターのコメント(19)

知りたい
【香港…死者…抗ウイルス薬で症状が改善されたと思ったら…心筋梗塞で急死亡。…症状が出ておらず普通に街中にいる青壮年が心不全とみられる症状でバタバタ倒れている…さらに…多臓器不全を起こすケースや、治癒後に免疫ができないために再感染するケースもある】
@nack555 ここにデリーの研究チームがHIVアミノ酸配列が4カ所ある、でも陰謀論に利用されるから取り下げたとありますね。中国の隠蔽体質が陰謀論を助長させていますね(´д`)つ
この記事はわかりやすくて,嘘八百のメディアと違ってお勧めです。
新型肺炎だが、症状が出ていないのに青壮年が急に心不全とみられる症状で急に倒れる症例が各地で発生。これまでの報道とは異なる症例が報告されている。さらに武漢のウイルス研究所の動物実験の管理が杜撰なことが次々と指摘され、医師や起業家が説明を訴えているとのこと。
「専制国家の末期に体制が解体される3大きっかけというのが、経済の崩壊、軍事的統治の失敗、そして公共衛生に関わる大事件だという見方を、在米華人民主化活動家の王軍涛がボイス・オブ・アメリカで指摘」⇒グラスノスチへ?
JBpress 2020.02.06.

新型コロナウイルス封じ込めに失敗中国は情報公開で信用回復を
・後出しじゃんけんのように出てくる様々な情報
・メディアで目立つのは李克強
・メディア統制が崩れ始めた?

福島香織:ジャーナリスト
安定の福島さん記事。ソロモン取材中止の件とか、日本で絶対報道されない件とかがサラッと書かれてます
中国の最新情報に詳しい福島香織さんの記事
「北京趣聞博客」の頃からの読者です

| JBpress(Japan Business Press)
中国の情報統制が破綻しかけている、と福島香織さん。(いいぞいいぞ、ぶち壊せw)

新型コロナウイルス封じ込めに失敗、中国は情報公開で信用回復を
"私自身が強く感じるのは、新型肺炎という公共衛生大事件に際して、中央メディアを含む中国メディア、末端の官僚、医療現場などの、習近平に対する見せかけの「忠誠」が崩れかけてきているのではないかということだ。"
>わからないことは過剰に怖がる方が正しい対応

これが分かってない人が多すぎひん?
本邦のパニックは、安全デマ、「風評被害」叩き、という形で顕れる。自分がパニックを起こしてるという自覚もなく他者のパニックを上からたしなめるのが特徴。
新型コロナウイルス封じ込めに失敗、中国は情報公開で信用回復を 福島 香織
中国に必要な「メディア統制の解除」という処方箋(JBpress)
日本の方が悪質ですな。
マスコミのトップや記者会と会食して圧力をかけて報道規制を暗黙にやってる。
テレビ局には放送免許をちらつかせる。
中国人と違い知らない日本人は偏向報道を知らないから信じてしまう
それは日本に必要だろ

中国に必要な「メディア統制の解除」という処方箋(JBpress)
新型コロナウイルス封じ込めに失敗、中国は情報公開で信用回復を(4/4) | JBpress(Japan Business Press)
無理
CCTVでは李克強が英雄的に取り上げられ、逆に習近平の顔はほとんどメディアに映らない。福島香織さんのコラム。  新型肺炎に際して、中央メディアを含む中国メディア、末端の官僚、医療現場などの、習近平に対する見せかけの“忠誠”が崩れかけてきているのではないか。
以上

記事本文: 中国に必要な「メディア統制の解除」という処方箋 新型コロナウイルス封じ込めに失敗、中国は情報公開で信用回復を(1/4) | JBpress(Japan Business Press)

いま話題の記事