TOP > 政治・経済 > 民間機を誤射、イラン軍レーダーに何が起きたのか? 防空ミサイルシステムが目標を誤射する理由(1/5) | JBpress(Japan Business Press)

民間機を誤射、イラン軍レーダーに何が起きたのか? 防空ミサイルシステムが目標を誤射する理由(1/5) | JBpress(Japan Business Press)

22コメント 2020-01-15 06:21 | JBpressキャッシュ

経営者層やマネジメント層など、日本の未来を創るビジネスリーダーのための総合メディア。国際情勢、最新ビジネス動向、イノベーションなどに関する深く本質的な論考を毎日更新。イラン革命防衛隊が、なぜ撃墜するべきではない目標を、誤認し、撃墜にまで至ってしまったのか。筆者が実際に自衛隊で防空システムの運用に携わってきた経験から...

ツイッターのコメント(22)

敵機識別機器が古式の場合に最新の民間機を認識出来無い可能性が有り反射波が全く初めての物で有れば経験不足から誤認も有り得る。
ウクライナ機撃墜に関する技術的な考察。面白かったです。
防空ミサイルシステムが目標を誤射する理由 | JBpress
*流石の軍事評論家の詳細な考察で謎が解明!要はロシア製の防空ミサイルに付属の対象機体識別装置が完全自動では無く更にレーダーの制度も悪く、誤認はあると!
問題はレーダー…IFF…よりは直前にスレイマニが謀殺された指揮系統の混乱にあると思いますが…。
@ishiitakaaki 丁度こんな記事が。
"この距離、鉛直方向の精度不良は、過去の別の誤射事件でも原因の1つになっています。1988年に、米巡洋艦ヴィンセンスが、イラン航空のエアバスA300型機を誤射"
いやしかし本当にこの空域にいるとみんなして危ないってことよね…。ところで「まだるっこしい」って「まどろっこしい」と同じ?Twitterでちょいちょい見かけるんだが、前者はあまり聞いたことがないなぁ。
航空機が4桁idを返す識別用レーダー、モード3は垂直方向の精度がでないと
|  専門的な見地からのイラン民間機誤射事件。事件の根本的な原因が古い機材であったこととイラン革命防衛隊の技量が低いという指摘は全面的に同意。
>記事にもある通り、IFFで判断は?と思ったけど、こういう落とし穴というかヒューマンエラーが有るのか・・・。
防空ミサイルシステムが目標を誤射する理由(5/5) | JBpress(日本ビジネスプレス)
誤射の原因の可能性について具体的に検討されていて、たいへん参考になります
モード3は民間航空機識別に使用され軍用モードとは別。一元的な防空システムでは通信が確保されてるから民間航空機情報と照合可能だけど、現場の各迎撃車両とも通信リンクしているとは思えん。

イラン側は当初、通信に不具合があったとも報道されていたから…よく分からん🤔
コメント付けてまとめようかと思ったけどえらく難しかった。無理にまとめると「レーダー目標の混同による乗り替わり」の可能性。
イラン政府にとって
手痛い事故

敵対していない国の乗客が多数死亡しており
対外的にも内政的にも非常に不利で
当面、防戦一方になる
この筆者はかなり誤解しているようで、民間機用のモードSはモード3/Aの発展型、軍用のモード5はモード4の発展型みたいなもんで、両社は別物だぬ。
僕も詳しくはないけども。
(´・ω・`)
知れば知るほど臨戦下の空域で民間機を飛ばす事の恐ろしさを知る事になりますね。
以上
 

いま話題のニュース

もっと読む
PR