TOP > 政治・経済 > なぜ人は楽器ケースの中に入ってはいけないのか? 気密・防振・一度入ると中から出られぬ「鉄の処女」(1/5) | JBpress(Japan Business Press)

なぜ人は楽器ケースの中に入ってはいけないのか? 気密・防振・一度入ると中から出られぬ「鉄の処女」(1/5) | JBpress(Japan Business Press)

60コメント 2020-01-15 07:06 | JBpressキャッシュ

経営者層やマネジメント層など、日本の未来を創るビジネスリーダーのための総合メディア。国際情勢、最新ビジネス動向、イノベーションなどに関する深く本質的な論考を毎日更新。カルロス・ゴーン氏の国外脱出劇で「楽器ケース」の中に潜んでの大脱走が話題となりました。それを真似して楽器のケースに入ってみるという遊びがあちこち...

ツイッターのコメント(60)

楽器ケースに入るとどうなるかの知見を得た。

自宅に大型楽器ケースのあるアホ男子保護者は必読かも知れぬ・・・
琵琶の保湿のために葉野菜で包んだ、ってとこが面白い。ホントなのかなー?
軽々しく、楽器ケースに入りたいというツイートを連発してすみませんでした。

ネトウヨども、おパヨうございます🐶
念のため真面目に流しておきます。
人間はケースに入らないでください。
絶対流行ると思ったら案の定…笑
私は幼稚なので個人的にこのような感じの小学生が笑ってそうなの好きですが事故を起こして報道されたりしないようにだけ気をつけてくださいね笑
ゴーン氏の会見でも、そのことには触れられていました。命を他人に預けたわけで、彼の脱出を非難するのは簡単ですが、65歳の男性があのような冒険に身を投じたことそのものは、大した胆力と言うべきことかとも個人的には思っています。
ゴーン、おまえだったのか。
冬コミのコスプレで死者が出ないタイミングで出国してくれたのは。
記事になってるの草
楽器ケースに子どもがいたずらで入ると死ぬのね...冷蔵庫より、もがけない分苦しそう。
冷蔵庫入ると死ぬからやるな、高圧線に触ると死ぬからやるな、言っても子どもはやっちゃうよね…
つまり憎い奴を遊びと称して楽器ケースに入れれば事故を装った殺人が成立する……それなんてサスペンス?
>まず、一度中に入ると、身動きが取れなくなる可能性があります。
>次に、外から閉められると、まずもって中からは開けることができません。
>さらに、中で暴れたり外に助けをもとめようとしても、それが極力伝わらないように作られている。

なにこれ欲しくなるやん
人が楽器ケースに入ってはいけない理由より、人が楽器ケースに入ろうとする理由の方が 本来的には謎の筈である。

何にしても猫レンジ的な事案に先手を打ったヤマハのムーヴはよいと思った。

【 】
気密で脱酸素剤などが入っていれば、普通に人は死ぬ!
タイトルで思わずクリックしてしまった(笑)
途中で出てくる鶴田さんの話は昔先生から聞いたな〜。

-
>楽器ケースの中に人間を入れると、比較的容易に「かつて生物であったもの」になるように、入念に設計されている。

強烈だな。言われてみればその通りなんだけど・・・
これをYAMAHAの中田卓也社長が直々に仰ると、俄然注目度は増して、面白さが増す。
逃亡に16億もかけたんだから特注では?
たしかに外部から貴重かつ高価な楽器を守るためには、中から外へも守る必要がありますね…。真似して死亡する事件が生じないことを…。
タイトル頭悪くて草
これはよく覚えておく。
---
Press)
良い子の皆さんは絶対に真似しないでくださいってやつだ
視点が違って、興味深かった。笑
読み物として普通に面白かった
楽器ケースはアイアンメイデンである。
楽器じゃないから。

>>
音楽家「普通に死にます。」
ニュース/
-
まぁ、そりゃなぁ。
用途以外に使用しないでください。
注意書きには、きっと書かれているでしょう。
某報道バラエティ(笑)で実際に入って閉めてたわ。
そういう報道すっから真似する奴が出てくるんだろ。
なるほど…。

気密・防振・一度入ると中から出られぬ「鉄の処女」(3/5) | JBpress(Japan Business Press)
えっ何この記述?
「演奏中はもちろん、私たちの呼気を使って吹奏しますが・・・でも実はこれも「呼気」で、酸素を代謝した後の、二酸化炭素がちの排気で演奏しているという事実は、あまり注目されることがありません。」
「死ぬ恐れがある」ではなく「普通に死ぬ」「死ぬ」と念を押してる当たりの本気度。
中高生とか真似しそうだしなぁ
ゴーンごっこ!www
【音楽家が語る】人が楽器ケースの中に入ってはいけない理由


基本的に「気密」に作られている場合が少なくない。脱酸素剤などが入っている場合もあるため、人が入れば普通に死ぬという。
例の事件の科学的観点に立った考察。
つづくらしい(笑)
livedoor: 音楽家「普通に死にます」.


普通しません
読み手を考えていないしっちゃかめっちゃかな文ですごく読みにくい。びっくりした。
つまりゴーンは超人だった…?(違う)
伊東 乾


しかし、それはグリーンベレーが準備した「専用の手品の箱」だったからできたわけで、普通の人が不用意に入れば楽器ケースはそのまま棺桶にしかなりません。


情報が減ってきた中で、これは秀逸な記事だ。
是非読んでいただきたいですね。
独居老人としてリタイヤ時に家を建てることになったら扉故障による閉じ込め餓死を防止するためにあらゆる場所に脱出経路を2ルート確保したい。というか、可能な限り扉設置を避けたい。ちなみに記事は読んでない。
ブラスエキスポで数名の部員さんがクラにタオルをかけてパレードしていたよね

それにしてもアメリカでも白菜を売っているとは🇺🇸🥬😱
こういう事を考察する必要性が・・・。
なぜ人は楽器ケースの中に入ってはいけないのか?(JBpress)
楽器ケースに入る芸はアトキンソンさんは絶対やらないだろう。
@livedoornews @ericcarpton5 ②が、丁度母胎内の赤ちゃんのように、クッションに守られて安全であることが必要だ。みだりに蓋が開いたりするといけないから、3つ以上の鍵と留め金で入念に閉められるようにも作られている。不用意に動かず、振動に対しては防振的に反応するよう楽器ケースは作られている。
窒息の苦しみは、通り一遍ではないことが知られています。

> 一度中に入って、間違って施錠されてしまったりすると、内側から開けることはまずもって不可能。
西欧中世には「鉄の処女」という棺桶型の拷問具がありましたが、ほとんどそれと変わりません。

うわぁ…😱
この記事の筆者は「音楽は世界の言葉」は「楽器が気候によってコンディションが変わるから嘘」としてる
何故、音楽という大きな括りを楽器(しかも移動する前提)として押し込めて否定するのか
何か起きると直ぐに笑いネタにして悪ノリしてしまうのが日本なのでwww

昔も今も変わらない「 日本の伝統 」
あぶない 死ぬよ
JBpress: なぜ人は楽器ケースの中に入ってはいけないのか?.
気密・防振・一度入ると中から出られぬ「鉄の処女」
以上
 

いま話題のニュース

もっと読む
PR