TOP > 政治・経済 > <速報>ゴーン被告会見、専門家はこう見る!! ゴーン被告が主張「刑事司法の不当性」の是非を米国弁護士が分析(1/3) | JBpress(Japan Business Press)

<速報>ゴーン被告会見、専門家はこう見る!! ゴーン被告が主張「刑事司法の不当性」の是非を米国弁護士が分析(1/3) | JBpress(Japan Business Press)

20コメント 登録日時:2020-01-09 03:41 | JBpressキャッシュ

経営者層やマネジメント層など、日本の未来を創るビジネスリーダーのための総合メディア。国際情勢、最新ビジネス動向、イノベーションなどに関する深く本質的な論考を毎日更新。世界中が注目するなか、日産自動車前会長のカルロス・ゴーン被告が、逃亡先のレバノンで記者会見を開いた。逃亡の理由を、日本の不当な刑事司法...

ツイッターのコメント(20)

これから元日産会長カルロス・ゴーンの反撃が始まる。日本のマスコミは蚊帳の外。相手にしていない。どうせ言ったって無駄だ。外国から攻められ、日本の司法制度の立場はどんどん悪くなる。井の中の蛙の日本、どうするね?ゴーンの日本での立場は無くなってもいいのだ。
タイトル見て、また日本のマスゴミのしょーもない記事かと思ったのをちょっと反省した。
 目新しいことを言ってる訳じゃないけどね。
>保釈中の被告や性犯罪者にGPS機器を身体に取り付け、行動を監視する手法は欧米では一般的に行われていますが、日本にはありません。

法整備急務だね。欧米を見習えと言ってる左派の人達も賛同してくれることでしょう。
逃がさないで締め上げちまえば良いのによ
Discover(Google)から
実は3・11にも、海外メディアと日本のメディアの報道内容が、大きく違いました。
マカロ●大統領が自国の法律悪用して議決権拡大に走ったのがそもそもの発端しゃね?ゴーン氏に任せておけば良いものを!って解釈は間違いかな?
日本の司法制度が、他の先進国のように検察尋問に弁護士同席を認めないのはなぜ?「ゴーン被告が主張。刑事司法の不当性の是非を米国弁護士が分析 。1日8時間以上の尋問があり、告白すればすぐに終わると何回も言われたこと。告白しなければ、追及し続けると脅迫された」
煽ってるタイトルがあれだけど、ひとまず共有。
この人が法務大臣の方がマシだろうな。
今のはせいぜい社長秘書程度だ。
ミランダ警告や司法取引とか米国から学ぶべき事は多いけど、日本は国民の問題意識が希薄なので司法制度改革は望み薄。日本人は国内しか知らないから先進国を知らない。
ゴーン氏の発言は矛盾だらけだし、都合の悪い質問には答えていないので、擁護する気はないが、日本司法の後進性批判は当たっている。
日本からもフランスからもとどかないとこに逃げた逃亡犯が何言ってもねって感じだけど、この部分はね。
ゴーン被告会見、専門家はこう見る!! ゴーン被告が主張「刑事司法の不当性」の是非を米国弁護士が分析|
人質司法批判に対して適切に日本の裁判所、検察は改めてその司法制度と運用を見直す必要はある。尾藤克之さんのコラム。  多くの国では起訴されたら、被告は保釈される。
アナウンサーがゴーンを断罪()しててやっぱテレビはあかんな…と久々に朝のニュースを見て思うのであった。人質司法について日本全体で取り組むいい機会なのに。
<速報>ゴーン被告会見、専門家はこう見る!!(JBpress) 逃げたと言っても15億円国庫に入るんだからそのための供託金でしょ ゴーン氏にとって端金としても
以上

記事本文: <速報>ゴーン被告会見、専門家はこう見る!! ゴーン被告が主張「刑事司法の不当性」の是非を米国弁護士が分析(1/3) | JBpress(Japan Business Press)

いま話題の記事