TOP > 政治・経済 > 東大発「ヘイト書き込み」への心からのお詫び 教養の欠如、人材育成の偏りへの大反省(1/8) | JBpress(Japan Business Press)

東大発「ヘイト書き込み」への心からのお詫び 教養の欠如、人材育成の偏りへの大反省(1/8) | JBpress(Japan Business Press)

385コメント 登録日時:2019-11-25 06:50 | JBpressキャッシュ

経営者層やマネジメント層など、日本の未来を創るビジネスリーダーのための総合メディア。国際情勢、最新ビジネス動向、イノベーションなどに関する深く本質的な論考を毎日更新。東京大学大学院情報学環に所属する特定短時間勤務・有期雇用教職員が、SNSなどによって特定個人、あるいは特定の国やその国籍をもつ人々に対して、極めて不適切な書き込...

ツイッターのコメント(385)

@madarame こっちはみっともないがね 😒
なんか安心したような、、
大学レベルの教養の問題じゃなくて小学生、中学生までには身に着けなきゃいけない人権感覚の問題だろ。何を言ってるんだ。
件の東大特任准教授(短期雇用、企業からの寄付講座)の発言、人間としてとても未熟だと感じる。AIは進歩が激しく若手が第一線で活躍する場があるが、人文科学を全く学んでこなかったのかなと思う。
件の人は論外だが、この伊東乾って人も相当やばいと思う。ひたすら相手はちゃんとした教育を受けてない学歴ロンダであるとか特定短時間勤務・有期雇用教職員だから人に非ずみたいなアドホミネムばっか。

どっちも自己愛性人格障害が強そう。
某特定短時間勤務有期雇用教職員の書き込みについて東大の大学院情報学環助教授が出した記事は如何にも「教養」を感じさせる良記事. 事実を事実として取りあげて,某定短時間勤務有期雇用教職員が如何にホラ吹きであったかを教えてくれる.
ヘイト発言のあった組織サイドから、これだけガッツリしたコメントが出ることはとても珍しい。いいね!
あとディスがブロックチェーンに飛び火しててワロタw(使い古された技術、理想主義的なリバタリアンの作ったおもちゃ)
当然至極の発言。
心労お察しいたしやす。
「当該の青年」とだけ記して名前さえ明らかにしない、いわば銃乱射事件の犯人と同じ扱いにして露悪的に「名を上げる」ことも許さないという姿勢に矜持を感じる。
教育者としての恩情あふれる文面に心が洗われます。
コイツ東大じゃねえからとも読めるけど、これきっと学生への戒めでもあると思う。
読みやすいなあ。>>
教授陣のブチギレ投稿面白すぎるな。
(特に最年少でもなんでもないし自分は同じ年齢でもっと上のポストにいたとか書いてるあたりすごくこわい
これはまた…
「酷いことになってる」な(><)

豆を煮るに…以下(ry
話題の勘違い野郎が丸裸にされてます。
「ついでにどうぞ」みたいなこと言って当事者がリンクしてたので、読んで笑った。「判断力不足」「教養力の欠如」「基礎教育を授けそこなった」指摘を自ら晒すバカ。

| JBpress
これはこれで感じ悪い /
ついでに最年長准教授イトケン先生による、エンジニアに対するヘイトスピーチも併せてどうぞ👎
まず、母校に対してこうまで強い自負心があることがよくわからない。「大澤はうちの人間じゃない。東大出身者はあんなのではない」というのだけは声高に聞こえてくる。東大生及び東大出身者、東大で働く教員にとってだけ意味がある、自慰的な謝罪文にしか見えない。
東大を代表してお詫びされておられる。すごい。
「ウチに責任はないけどなんかスマンな!」と言いながら丁寧に一つずつ梯子を外していくような、そんな文章
何を心からお詫びしているのか理解不能な駄文を投稿したことを、心からお詫びしろ、と激しく思う。

教養の欠如、人材育成の偏りへの大反省(4/8) | JBpress(Japan Business Press)
この文書から感じられるのは、お詫びや反省といったものではなく、糾弾ですわな。まあ面白かったけど。
@Ohsaworks @Ichishimin2019 いや、もう終わりでしょう
THE END
伊東先生。
素晴らしい文章に涙が出る。大先輩としてきちんと教え諭す姿勢が感動的。

この青年は、カルテックあたりに行って学び直せばいいと思う。
特定の個人名に言及せず、「構造的問題」を指摘するとする執筆者。

大澤氏の学歴における「東大以外の大学」の教育が「構造的問題」であり、
その「構造的問題」における「構造」には、東大は含まれない。

つまり、
今回の騒動と東京大学は無関係
ということだろうか。
「驕り高ぶり言語道断」以来の大激怒名文
東大発「ヘイト書き込み」への心からのお詫び
一貫して三人称が「この青年」であることや、東大内部進学ではないことへの言及、「手が動く(≒頭は動かない?)」のような嫌味ったらしい表現があることがかなり気になる、自浄作用を働かせねばと過度に思うあまり、随所の表現が別の何かに抵触していそうだ
ヘイトもどうかと思うけどこの記事書いた教授も東大純血主義者みたいでキモい。
これはただの伊東先生のお気持ち開陳では…?
ペンが剣に変わる瞬間を見た気がする。面白い。
リベラル・アーツの教育が理系でも重要な事がわかる。
読むに堪えない。 「 教養の欠如、人材育成の偏りへの大反省」
フルボッコ過ぎて草
東大側からすれば、こういうの勝手に書かれるのが一番うざいよな。この人昔、同級生がオウムになったことで感傷に浸るだけのしょうもない本を書いてて、性分が変わってないようで何より。
「東大発「ヘイト書き込み」への心からのお詫び」 さすが東京。以前、なんか京都の選民意識どうのって話題に選民意識では東京には負けるわと書いたら「東京生まれ東京育ちは地方出身者を見下しません」ってリプきたんだけど、その地域を代表する大学だけのことはあった。
あれ?これ書いてる人も前、炎上してなかったっけ?違う人?
「人文・社会科学におけるこの青年の「学力不足」」、「学部1年必修レベルの情報リテラシー教育の欠如」か。これに尽きる。
そもそも東大で博士号取る人のうち、学部からストレートなんて少数派な気が。もっと編入を前提とした教養指導のあり方とか、大学の枠を超えた包括的な教養のあり方を説く方向性の方が建設的では。

| JBpress
俺たちは知らない、あいつが暴走して勝手にやった、そもそもあいつはまともな「東大生」じゃない
という主張ですね

/
そして、JBpress に毎回「俺ルール」のうんこ文章を上げているおっさんがしゃしゃってきているのか。
毎度毎度本当にひどいし、本人も編集部も気付いていないのが笑えるわ。

大澤氏を狙い撃ちにしているようで、いろんな人にマシンガンぶっ放してるんだよな。
当該特定教員の資質についてだけ書けばいいはず。適当な知識で研究分野までディスってると、学環全体に帰ってくるよ
要約すると、「ぼく悪くないもーん」だな。
だっせぇ。
そもそも学歴がどうこう以前に、基礎教養もリテラシーも足りない人間に教鞭を取らせた教授会の責任は、追及されるべき。
まさか寄付した企業が人選を指定したわけではあるまいし、仮にそうだとしたら、それを受け入れた責任は更に重い。
当該教員を「青年」と呼んでいて他人事感があるんだよな。年齢に対する差別意識が滲んじゃってるし。歳は関係なくて単純に不適切な人物を教員として採用しただけかと。当事者なので有れば自分の憤りをぶつけるよりはそれを詫びれば良いんじゃないかな
教養課程を履修しなくてもヤバいと分かりそうなレベルの発言だから、たぶん本人は分かった上でやってたんだとうけど、どこに落とし所を考えていたのか分からん。90%発言ぐらいから、香ばしさが加速度的に増えてたよね。
これでは恥の上塗りではないか?
伊東 乾さんの署名記事
伊東乾のこの記事のせいで、ますます東大情報学環への不信感が高まる罠。伊藤の品性と東大のアレっぷりがよく現れているもの。
@rasiel9713 定年延長分は余裕で勝てそう。が、2学年下の強敵を見落としていたのに今朝になって気づきました( )。部局代表者でもない同氏が勝手に謝罪したのは「制作委員会、SOS団を代表して」お詫びした人へのオマージュなのか、という具合に話が「代理/再現前」に戻るのでありました。
教養の育たないクソカリキュラムをやってる茨城のクソ大学で悪ぅござんした
読んでる:“ Press)”
これ書いた奴にもイラっとする
東大にはこんなのしかいないのか。選民思想をここまで隠せないものか。
「この青年は企業からの寄付講座で作られたポストに短時間勤務する特任教員」こういうシステムを国立大学が導入してるってことに驚いたし、それがこういう事態を引き起こした遠因じゃない?
ちょっとこの記事は頂けないかな。内容が浅過ぎ、個人の履歴が東大純血で無い事を攻撃しているだけの様に見える。

ヘイトを産む人の根源、何故問題なのか、それをどう解決するのかが見えない。これでは、新疆ウイグルの洗脳と大きく変わらない。
当該書込みはあり得ないということで終わりですが、教養の情報処理の授業って、そんなに立派な内容だったっけ…?
フルボッコすぎて笑えねぇ
学歴ロンダのスパクリはあかん、って言われてる気がして耳が痛い。
寧ろこの教授の記事こそ 。
明らかに誰か分かる描写と共に「学部修士が でない」「任期付position」をdisっていて最低。

教養の欠如、人材育成の偏りへの大反省(2/8) | JBpress(日本ビジネスプレス)
「本学教員にありうべからざる「低見識」で、言葉も
ありません。」

情けない気持ち、悲しい気持ちが伝わってくる。
いきなり学歴差別かよ?チョッパリらしいな。
大澤昇平氏のツイートもお行儀悪かったけど、同じ大学の職員をここまで表立ってこき下ろすのも、これはこれでお行儀悪いなあ😢

自分が悪者になることで大澤氏への風当たりを弱めようとしてるのかなと勘ぐってしまうレベル😊
東大関連の知り合いって言うと、中退した人複数と、教授若干名しか知らないから、ベンチマークが定かではありませんが、この先生は真面目に教えようとしてるんですね・・果たしてそれで効果があるかはわからないですが。
伊藤乾氏による考察はこちら。→ いや、そもそも件の人物、殆どバックドア的な進学の仕方してるんで、真面目に科類だけの教養学部の教育には全く触れて無いんだがね(但し、只今もめまくってるセンター試験の動向に左右されないという点では現時点で最も堅いラインではある)。
感情が先行したような文章だけれど、やっぱりそれだけショックだったんかね
長いな! 要は、差別の定義だよな。何らかの差をつけることと、尊厳を損ねることは違うわけだ。尊厳、天賦の権利でもいいのか。
最近、機械学習界隈の人と会うとこの人の話題が多い!
 
炎上するならAI発展の議論に寄与する炎上の仕方がよかったな!?(笑)
「特定短時間勤務・有期雇用教職員」というのは、テニュアがない、テニュア・トラックではでないということで、テニュア審査だと、業績だけでなく、適格性なども判断されるわけで、意味はあると思うのだが。。
「少なくとも東京大学教養学部で必修「情報」のカリキュラムを修めたなら・・・ここまで酷い無教養を晒すことはなかったと思います。」


どんなカリキュラムなのか気になるw
教養課程に幻想ないか?この人
「学部から東大」と「院から東大」に線引きする気持ちが強く出過ぎで嫌らしい記事だなと思う。公式ヅラしてこういう言い方はダメでしょ…。「やったこと」に対して批判すれば良いのになぜ経歴や人格の話になるのか。結局ヘイトとやってることは近くなっちゃってる。
今日の「まだその域に達していない」さん案件
@iwakamiyasumi 伊東乾氏:当該青年は私たちの部局で、特任人事によって採用したもので、今年の4月に着任しています。その人事教授会に出席した一人として、あまりのことに言葉もありません。一大学教員として、率直にお詫び申し上げます…(JBpress)
伊藤乾氏自身がかつて偏差値至上主義で人を馬鹿にした書き込みで大炎上してたが、また燃料投下来たか!
「教養」 が問題にされてるんじゃないと思う。それに、ことの当否を問うためのリソースは東大に集中してるんでもないと思いますよ。

組織としての謝罪は当然として、何か勘違いしてるんじゃないかな。
これ出さないほうが良かったのでは…。もう一つの先生のほうが格段に分かりやすく、感情はニュートラルに、ご意見がしっかり伝わるものだった。>
丁寧なお詫びを繰り返し、読みやすい文章だが、「オレはこれ知ってる、あれも知ってる。でも教えてあげなーい」穴倉からそこ意地悪い文意を読み取った。
筆者が自分を安全圏に置きたいのは主題の人物と差異なし。
異論はあろうが、ヘイトスピーチの原因を何らかの"学力"不足と結びつけたり、何らかの"学力"を身に着けさせることで駆逐できると考えるのは悪手だと思う。

"一言で断じるなら、人文・社会科学におけるこの青年の「学力不足」と判断して構わない、非常にレベルの低いものです"
あっちについてはどうせ影響力もないしバカだなぁやっちまったなぁくらいの感想しかないけど、釣られて沸いてきたこっち系にはもう一段込み入った邪悪さを感じる
自称東大准教授(経歴詐称)の大澤氏の問題に対して、学歴差別によって東大はレイシストを雇わないと擁護するこの地獄感…
「ちなみに「特定短時間勤務・有期雇用教職員」という職名を巡ってもネット上に様々な意見が出回っているようですが、単なる呼称に過ぎず、何の他意もないものです」??

メディアリテラシー・トレーニング用アーティクル。
流石にまあこれは東大全体で困ったことになってるだろうなぁ、と思ったらやっぱり。
何か凄いものをみてしまった。
青年青年って書いてるけど、ほんとに使いたい言葉は「若造」だろうなぁ。/
教養って大事だよなぁ。私は面白くも尖ってもない平凡な人だけど、少なくとも無教養ではないと思うわ。
ここまでキッチリと書かれたらなにも言えないだろう。大澤氏との歴然としたレベルの差を感じます。雲泥の差とはこのこと。
いい歳した大人がここまで怒られることはそうそうないな
@Ohsaworks これは、秒読みで大学から追い出されるね。とんでもない無教養なやつがヘイト発言を繰り返し、制御不能になっているとして、数ヶ月前から噂になっていたらしいじゃないか。
もっと見る (残り約285件)

記事本文: 東大発「ヘイト書き込み」への心からのお詫び 教養の欠如、人材育成の偏りへの大反省(1/8) | JBpress(Japan Business Press)

いま話題の記事