TOP > 政治・経済 > 止まぬパプア独立闘争、底流には根深い差別意識が インドネシア政府、暴動鎮圧を狙って州分割を提案も拒絶さる(1/4) | JBpress(Japan Business Press)

止まぬパプア独立闘争、底流には根深い差別意識が インドネシア政府、暴動鎮圧を狙って州分割を提案も拒絶さる(1/4) | JBpress(Japan Business Press)

3コメント 登録日時:2019-11-15 06:51 | JBpressキャッシュ

経営者層やマネジメント層など、日本の未来を創るビジネスリーダーのための総合メディア。国際情勢、最新ビジネス動向、イノベーションなどに関する深く本質的な論考を毎日更新。2期目に入ったインドネシアのジョコ・ウィドド政権が早くも難局に立たされている。同国の東端・ニューギニア島の西半分を占めるパプア地方での暴...

ツイッターのコメント(3)

独立派を含めた全ての組織、あらゆる階層のパプア人との対話に対してインドネシア政府は治安当局の強い反対もあって消極的。大塚智彦さんのコラム。  州の分割という今回のティト内相による提案は、中央政府や治安当局の意向を反映した「パプア弱体化」策。
以上

記事本文: 止まぬパプア独立闘争、底流には根深い差別意識が インドネシア政府、暴動鎮圧を狙って州分割を提案も拒絶さる(1/4) | JBpress(Japan Business Press)