TOP > 政治・経済 > 中国資本が怒涛の高級ブランド買収、その結末は 誰もハッピーにはなっていなかった?(1/4) | JBpress(Japan Business Press)

中国資本が怒涛の高級ブランド買収、その結末は 誰もハッピーにはなっていなかった?(1/4) | JBpress(Japan Business Press)

8コメント 登録日時:2019-11-12 06:45 | JBpressキャッシュ

経営者層やマネジメント層など、日本の未来を創るビジネスリーダーのための総合メディア。国際情勢、最新ビジネス動向、イノベーションなどに関する深く本質的な論考を毎日更新。上海の人気百貨店を訪れて驚いた。名だたる高級ファッションブランドがこぞって中国企業に買収されていたのだ。(1/4)...

ツイッターのコメント(8)

誰もハッピーにはなっていなかった? 「いつか来た道」を中国もまた歩くことになるのかな?
中国の企業経営者が、我が国のたどった道を歩き続けてくれれば、そのうち中国も長期停滞に陥るかな?
何でもかんでも中国を悪く言いたい病は、日本の僻みと凋落をより浮き彫りにするので止めた方がいい。金は出し口は出さない中国企業。良いではないか。

誰もハッピーにはなっていなかった? | JBpress(Japan Business Press)
レナウンも今は、中国の繊維大手会社がオーナーだし、これからもいろいろな企業を買収するんだろうけど、今のところ中国企業が日本やヨーロッパのアパレル企業を買収してどんなシナジー効果を狙っているのかよくわからないところがある。
中国企業は高級ブランドを次々に手に入れたが、買収される側の欧米ブランドにとっても抗えない事情がある。姫田小夏さんのコラム。  買収した側も、された側も決してハッピーになっているとは言い難い可能性。
以上

記事本文: 中国資本が怒涛の高級ブランド買収、その結末は 誰もハッピーにはなっていなかった?(1/4) | JBpress(Japan Business Press)

関連記事