TOP > 政治・経済 > 首里城火災をノートルダムの二の舞にすべきか? マクロン大統領の「炎上」政治利用を許すな(1/8) | JBpress(Japan Business Press)

首里城火災をノートルダムの二の舞にすべきか? マクロン大統領の「炎上」政治利用を許すな(1/8) | JBpress(Japan Business Press)

3コメント 登録日時:2019-11-05 06:07 | JBpressキャッシュ

今年の4月15日に失火して、パリのノートルダム大聖堂が焼け落ちたのは、読者の皆さんのご記憶にもまだ新しいと思います。その再建策について、大きな批判が巻き起こっています。今回はその点について現地で見た実例を基にお伝えします。(1/8)...

ツイッターのコメント(3)

マクロン大統領の「炎上」政治利用を許すな(1/8) | JBpress(日本ビジネスプレス)
誰の何のための再建にするか…確かに自分が政権側だったら 服従の鞭を受け入れさせる飴としてのシミュレーションを 真っ先にやるだろうし | マクロン大統領の「炎上」政治利用を許すな | JBpress(日本ビジネスプレス) @JBpress
10月半ばにパリで準備したノートルダム火災の稿が 結果的に首里城火災の稿に転じてしまうとは まったく考えていませんでした
以上

記事本文: 首里城火災をノートルダムの二の舞にすべきか? マクロン大統領の「炎上」政治利用を許すな(1/8) | JBpress(Japan Business Press)

関連記事