TOP > 政治・経済 > 散々なサッカー南北戦、なのに北を擁護の文在寅政権 起死回生狙った「スポーツ外交」が空振り、曺国事件の挽回できず(1/3) | JBpress(Japan Business Press)

散々なサッカー南北戦、なのに北を擁護の文在寅政権 起死回生狙った「スポーツ外交」が空振り、曺国事件の挽回できず(1/3) | JBpress(Japan Business Press)

平昌オリンピックで見せた「スポーツ外交」の再来を狙ったのだろうが、文在寅大統領の目論見は大いに外れてしまった。サッカーワールドカップアジア予選で韓国と北朝鮮による「南北戦」のことだ。無中継、無取材、無観客という異様な状態での開催には、北朝鮮側の怒りが込められていた。(1/3)...

Twitterのコメント(32)

散々なサッカー南北戦、なのに北を擁護の文在寅政権⇒文大統領は北朝鮮との夢物語をいつまでも信じている。韓国は坂道を転げ落ちるでしょうか。
『北朝鮮の選手はかなり激しくプレーした。ひどい罵りもあった』という孫興民のコメントから推察するに、『スポーツ外交』どころかスポーツの側が外交の険悪ムードに冒されて試合にならない、のが現実のよう。QT 散々なサッカー南北戦、なのに北を擁護の文在寅政権 @JBpress
それでも30%以上の韓国人が文を支持している。文は金正恩の僕なのだから、何事も金将軍に話を通さなければこのようなしっぺ返しで虐められる。30%の韓国人のために韓国の自由はない。
韓国人は共感を得たいのかな?w 韓国がいつも他国にしてる事だから👉無理wwwこういう事されたら嫌だってわかった?って思うだけ😯むしのいい奴やな韓国人😑
韓国には人の振り見て我が振り直せって言葉通じないんだろうな😑

それにいいじゃん同じ民族なんだから😂www
今いい感じに日韓距離がはなれてるので文ちゃん頑張って~☆
完全に舐められとるやんけ
ムンちゃん世界のためにもうちょいだけ頑張ってくれや
同胞なんだから仲良くしろよ
糞損民
コレは流石に選手も協会もかわいそう。散々スポーツを政治利用して置いてスポーツと政治は別とかなしやろ…
北の対応とラフプレーに韓国おこ、それでも北シンパの政権は擁護で国民呆れw
文ちゃんの無能が極まってる模様
文在寅に韓国最終大統領を担って欲しいけれども、またロウソクで吊し上げでしょうな。
「29年ぶりの南北サッカーAマッチが平壌で行われることに対する期待が高まっていった。そして、これはスポーツを政治利用することに卓越した才能を持っている文在寅政府を大きく鼓舞させることにもなった。」
W杯予選で観客なし、中継なしで 自国選手よりも北朝鮮選手が心配な文在寅政権
だが、北朝鮮は凄い!!世界一スポーツマナーの悪い韓国を邪険にした。
北の待遇とか態度とかはどうでも良い!。韓国のサッカー関係者(勿論選手を含めて)は「人の振り見て我が振り直せ」を肝に命じろ。
人の事をとやかく言える立場か?。
もう、彼らの存在自体を迷惑に感じて来てしまって…
こういうのを「目糞鼻糞」という。
政治と経済スポーツは別だと言う人がいますが、そんな人に限って韓国好きが多く見受けられます。その好きな韓国はスポーツも経済も政治に絡ませてきます。ただ単に韓国を擁護したいだけに違いありません。
散々なサッカー南北戦、なのに北を擁護の文在寅政権(JBpress) Discover(Google)から

左派の方たちは「北朝鮮に対してもっと柔軟な対応をするべき」みたいな主張をしますが、それを実行している文在寅大統領は北朝鮮にアゴで命令をされるだけの状態になっていますね。
認知症で学生運動の活動家時代に戻ってる。
>中継権の契約金で3億5000万ウォンを北朝鮮に渡したまま、生中継を拒否されたKBSは、録画による中継を予告したものの、それも突然取り消された。
韓国が騙されるくらいだから絶対北の約束は信じられないという話に..
この記事を素直に読めば、北は南の世論を反北側に調整している事が伺えますねw色んな事が起きるもんだ。
そりゃー無理な話やで。文大統領は南北統一するというのが目的で韓国国民は2の次なんやで。一度てビンタ食らってるけどな。
真の敵は身内にあり。ま、自分達が選んだ大統領だからしょうがないよね
北朝鮮vs韓国、自主的無観客試合やったんや
そんな形で来年のオリンピックに来なくて結構です。
スポーツを政治利用ばかりする休戦中の2国が、スポーツで試合をしたら、戦争以外の何になると言うのだろうか?

散々なサッカー南北戦、なのに北を擁護の文在寅政権(JBpress)
文字通り踏んだり蹴ったりだったか。
無中継、無取材、無観衆の「幽霊試合ワールドカップ予選」

「無事に帰っただけでもありがたい。思い出したくない。」

韓国が誇るストライカー・孫興民(ソン・フンミン。27歳、トッテナム・ホットスパー所属)選手が17日、平壌戦を終えて仁川空港で記者団に打ち明けた。
以上

記事本文: 散々なサッカー南北戦、なのに北を擁護の文在寅政権 起死回生狙った「スポーツ外交」が空振り、曺国事件の挽回できず(1/3) | JBpress(Japan Business Press)

関連記事