TOP > 政治・経済 > 台風を期に公共投資「所得倍増」を! 「伊勢湾台風」型の進路が示唆するもの(1/5) | JBpress(Japan Business Press)

台風を期に公共投資「所得倍増」を! 「伊勢湾台風」型の進路が示唆するもの(1/5) | JBpress(Japan Business Press)

21コメント 登録日時:2019-10-15 06:39 | JBpressキャッシュ

このコラムは台風19号が日本列島を通過した直後に公開されると思われ、執筆しているのは当然ながらそれ以前のタイミング、10月11日の夜に当たります。何を記すか、本当に悩んだのですが、目をそらさず台風の問題を直球で扱うことにしました。(1/5)...

Twitterのコメント(21)

この期に及んでいつまで緊縮やれば気が済むのかな?
日本版「ニューディール政策」で公共投資を実行し、デフレ脱却に結びつかないかな…と思ってたら、日本でも同じ頃、昭和7年から9年まで暫定的に「時局匡救事業」が高橋是清大蔵大臣の指揮の下で行われてた。
国民はなぜ声をあげない!
【高度成長期につくられたインフラが耐用年数を迎えつつあり災害に脆弱になっている今こそ公共投資によって災害に強い国土を構築するとともに、その事業を通じて経済成長を加速させるべきだろうという、そのとおりとしか言いようのない記事です。】
| 伊東乾 JBpress
会社に吸われるだけだろうな
下請け会社がその分増えるだけ
建造物を作る公共投資というと利権が絡んで批判的に見られるが、高度経済成長時の建造物の更新や最新災害基準への対応は必要。
これが経済の活性化につながる部分があるのも確か。
台風を期に公共投資「所得倍増」を!

もう一度、日本のインフラストラクチャーを、本質的に作り変える必要があるでしょう。大規模な公共事業を計画し、国民によりよい仕事を与え、被害に遭った人たちを救済するのみならず、明日への…
出来ない結果が、今のオカラ工法によるビルラッシュ。マンション買う奴は、これから借金しか残らないから考えろよ。
箱モノを入れ替えりゃいいって、何でもかんでもイメージだけで先走っちゃう昭和的発想じゃんwインフラが完成した時代から技術革新が進んでコンパクト化できる部分もあると思うが。今回、問題が出てる所は高齢化した過疎地だ。復興には所得倍増どころじゃない金がかかるよ
まぁ、1つのトリガーとして全インフラ見直し建設国債を年10~15兆で3~4年出せば、景気もかなり上向くと思うよ。復興減税と復興国債を合わせるとかね。◆
なんか藤井っぽいタイトル。ちゃうけど。
八ッ場で盛り上がってるが、公共投資は適切に。
先週土曜日時点で準備していた原稿ですが   残念な予言が当たるような面が多くなってしまいました
「所得倍増!!」その言葉を待っていた!!
なんにせよ、伊東先生のおっしゃるような方向で世論をまとめなければいけない……と自分も思います/
そのためには財務省の緊縮政策を止めさせないとどうにもならない。
以上

記事本文: 台風を期に公共投資「所得倍増」を! 「伊勢湾台風」型の進路が示唆するもの(1/5) | JBpress(Japan Business Press)