TOP > 政治・経済 > 離反しだした韓国と米国に共通する「超格差」の反動 「弱者を支持」目当ての政権運営がもたらす矛盾と迷走(1/5) | JBpress(Japan Business Press)

離反しだした韓国と米国に共通する「超格差」の反動 「弱者を支持」目当ての政権運営がもたらす矛盾と迷走(1/5) | JBpress(Japan Business Press)

10コメント 登録日時:2019-10-10 06:30 | JBpressキャッシュ

日本との関係がますます悪化している韓国の文在寅政権は、アメリカとの関係もギクシャクしだしている。ところが韓国とアメリカをよくよく見ていると、抱えている国内問題には共通するものがある。ずばり「超格差社会」だ。(1/5)...

Twitterのコメント(10)

アメリカで支持されていると報道された「社会主義」はいわゆるファシズムだと思いました。
「弱者を支持」目当ての政権運営がもたらす矛盾と迷走(5/5) | JBpress(日本ビジネスプレス)
「言行不一致」「超格差」…ギクシャクする米韓の不気味な類似点
「弱者の涙を共有したことのない人に弱者の期待が集まったのだ。対極に位置するのが、民主党大統領候補のエリザベス・ウォーレン氏だ。彼女は貧しい家で育ち、兄弟は軍隊に行き、自身は授業料が払えなく、苦学して… / “ …”
「弱者を支持」目当ての政権運営がもたらす矛盾と迷走
2019.10.10(木)T.W.カン

←同氏の本寄稿は不思議な読後感を覚えた。グローバル・キャリア故か極めて冷静な視点で捉え“恨文化=民族種族主義”色は微塵も無い。
世界はごね得とやったもの勝ちと有耶無耶の繰り返しで成り立っている。
そして乗り遅れたものは
やれないんじゃなくてやらないから
乗り遅れた者として扱われる。
「超格差社会が育む社会主義的思想」…日韓対立に目を奪われがちだが、この視点は興味深い…超利己主義者か…
離反しだした韓国と米国に共通する「超格差」の反動(JBpress)

➡︎日本はうまく立ち振る舞い、難しい舵取りを今後しなければならないという話ですが、
そんなもんどんな状況下でも、情勢下でも当然ではないのかと思うんですけど?
"韓国やアメリカには、日本人がちょっと想像できないくらいの格差社会が出来上がっている。その中で、大多数を占める弱者層の声が、その国の政治家に与える影響力も大きくなっている。"
以上

記事本文: 離反しだした韓国と米国に共通する「超格差」の反動 「弱者を支持」目当ての政権運営がもたらす矛盾と迷走(1/5) | JBpress(Japan Business Press)

関連記事