TOP > 政治・経済 > また首都圏直撃か、猛烈台風が次々襲う必然性 もやは気温下げる機能失ったフィリピン海、インド洋、カリブ海(1/7) | JBpress(Japan Business Press)

また首都圏直撃か、猛烈台風が次々襲う必然性 もやは気温下げる機能失ったフィリピン海、インド洋、カリブ海(1/7) | JBpress(Japan Business Press)

またしても台風です。19号も日本上陸の可能性があるらしい。「もういい加減にしてくれよ!」と思っておられるかたが大半ではないでしょうか。しかし、これが気候変動にほかなりません。大気の温度を下げる働きをしてきた海水が、長年の温暖化の影響でその役割を失い、逆に台風を育てる孵化器になり始めたのです。(1/7)...

Twitterのコメント(40)

今読んでおいた方が良いかも。これが確かなら今後も台風の進路が変わる。
こんな台風が今後普通になるのかもしれない。インフラ整備は急務。
>
10月11日の記事ですが、全部読んでみてくださいね。なんで大型化してるかの原因が書いてあります。

猛烈台風が次々襲う必然性
毎年か…
温暖化のツケが回ってくるんだ…
“フィリピンから東シナ海にかけての海は「温まりにくい」水が「冷めにくく」なるまで、すでに十分に加温されてしまっている。”
台風が増え巨大化した理由がよくわかる記事。
「2020年、またそれ以降の日本列島の気候は、もっと変化してしまう高いリスクが懸念されます」

高齢化率上昇と共に…
/ もやは気温下げる機能失ったフィリピン海、インド洋、カリブ海
@iwakamiyasumi 伊東乾氏:フィリピンから東シナ海にかけての海は「温まりにくい」水が「冷めにくく」なるまで、すでに十分に加温されてしまっている。余剰のエネルギーはどこに行くのか…「台風」にほかなりません。 (JBpress)
"いままでは「冷却水」として機能していた海が、南太平洋で生まれた「熱帯低気圧の子供」を、大きく成長させる「揺籃」に変化し、巨大な台風に育て上げたうえで北半球に送り出すようになっている。"

また首都圏直撃か、猛烈台風が次々襲う必然性...
「CO2削減、ピンとこないね」というリテラシーの低い層に対して「ク―ルで」「セクシーな」キャンペーンを打つといった、ポストトゥルース250%のPRで、何とかなるような話では、全くありません。
JBpress(Japan Business Press)
「セクシー」だなんだと、世迷い言をのたまわっている某環境大臣は必読!
なるほど、そうだよねぇ、と。
来年以降も、同じことがきっと繰り返される。
残酷だけど、それが現実なんだろう、と。
@ukeguchinohos ま、病気だからだろうね、わたしも受け付けない。けど、一石を投じるという意味においての献身、という意味で必要な存在だったんだろうね。現にこの台風頻発も…
いままでは「冷却水」として機能していた海が、南太平洋で生まれた「熱帯低気圧の子供」を、大きく成長させる「揺籃」に変化し、巨大な台風に育て上げたうえで北半球に送り出すようになっている
ブラジルのアマゾン川流域のジャングルや中国、アフリカ開発の話がないのが、ちと残念。
この記事某大臣への皮肉がすごいんだけど、非常にわかりやすい(笑)
凄い皮肉聞いてて面白かった
また首都圏直撃か、猛烈台風が次々襲う

 セクシーとかクールとか、世迷いごとで何とかなるような話では、とうの昔になくなっている。そのことを最初に確認しておきたいと思います。

(JBpress)
2017〜18年にかけて大型化傾向にあった台風が今年、明らかに違う次元に突入した。今年はたまたま当たり年なのではない。来年以降も巨大台風襲来は恒常化、さらに悪化の時代に入る。今まで冷却水の機能を果たしてきた海を、我々人類が巨大台風発生装置に変えてしまったのだ。
腑に落ちる説明
すばらしい😆

内容は笑い事じゃないんだが🤔
異常が定常に
(記事抜粋)
温められた海水は冷却されにくく「熱源」としての海が成立してしまっている。いままでは「冷却水」として機能していた海が、南太平洋で生まれた「熱帯低気圧の子供」を大きく成長させる「揺籃」に変化し巨大な台風に育て上げた上で北半球に送り出す
>2020年、またそれ以降の日本列島の気候は、もっと変化してしまう高いリスクが懸念されます。これに対して、中身がないポエムで執れる対策など一つもありません。実直に備える必要があります。
この文章書いた「伊東乾」ってのがどこの何者か知らんが、まあ酷い文章だわ。科学的根拠は全く出さず憶測並べてるだけ。
良くわかる地球温暖化? >>
クール小泉大臣をディスってる感出てて面白く読める。
もやは気温下げる機能失ったフィリピン海、インド洋、カリブ海(2/7) | JBpress(日本ビジネスプレス)
セクシーとかクールとか、世迷いごとで何とかなるような話では、とうの昔になくなってる。

ユーモア交えた正論に強い怒りを感じる。みんなもっと怒ろう!
この記事、「なるほど」そういう見方もあると思うまともな記事だし、小泉進次郎大臣をバカにする気持ちがよく伝わる。伊東乾 さんという方、記名記事な点は立派だとも思う。
しかし… 文が無駄に長い!
とてもわかりやすい。湯たんぽの海か。
他にもいくつか思い当たるね。

わたしも物理学を選んだはずなのになぁ。あたまよくなりたいよ。。
10/11(金) 6:00配信
武器に何千億使ってる場合じゃ無いな、、。
台風の作られ方だって。なるほどなー科学的な意見から解決策を提示して頂きたい。
クールでなくホット、セクシーでなくバイオレンス。
なんで台風こんなでかいんか?と調べたらわかりやすい記事出てきた。専門家が小泉大臣のアホみたいな発言にめっちゃ怒ってることも理解できた
環境の大きな変化を恐れ、問題を訴える女性を冷笑する、特に男性はよく考えろ! 経済だけで物を測るな! 語るな!
やっぱり台風の巨大化は、地球温暖化が影響しているんだね。
第六世界滅亡…ってやつ🤔
6時を過ぎ公開されました。こちら  まわりの真剣な読者にお答えするべく、科研で発狂しそうなベルリンからアクセスしております 緩急はつけてゆかないと。
以上

記事本文: また首都圏直撃か、猛烈台風が次々襲う必然性 もやは気温下げる機能失ったフィリピン海、インド洋、カリブ海(1/7) | JBpress(Japan Business Press)

関連記事