TOP > 政治・経済 > 急旋回して消費税廃止を主張、れいわに倣う共産党 山本代表との党首会談がきっかけに?(1/4) | JBpress(Japan Business Press)

急旋回して消費税廃止を主張、れいわに倣う共産党 山本代表との党首会談がきっかけに?(1/4) | JBpress(Japan Business Press)

18コメント 登録日時:2019-10-08 06:56 | JBpressキャッシュ

日本共産党の今年(2019年)7月の参院選挙に向けての公約には、どこにも消費税の廃止とか、税率の引き下げという主張は書かれていなかった。(1/4)...

Twitterのコメント(18)

どちらも元々廃止を謳っています。
引き下げは野党共闘をしていく上での一つのラインです。
残念ですが、この記事は事実と異なってます。
筆さん、元共産党参議院議員筆坂秀世氏がやっかむのはわかるわ
主張するだけで廃止する為の法案を一切提出しないんだよね。そもそも今まで反対とか言いながら対案は出さず、審議妨害するだけ。おまけに審議妨害をすることしか頭に無いの…
GDP民の懐を暖めるのが先決と言う。ステグリッツやアトキンソン氏が指摘するように消費財は自殺行為だと。こういう人たちの意見を取り入れて経済立ち直し、生活改善、人口現歯止め対策は、x00兆の内部留保の取り崩し。
筆坂氏は反共産党に転じた自分の主観で書いているようだが、それ抜きで読めば、何を言おうが消費税は20%、30%と上げられるんだ、諦めろ。と読める。景気回復の提言もない。

山本代表との党首会談がきっかけに?
除名になった日本共産党の幹部だった筆坂による反共文を読み嫌悪感!
だから?許されないことか?
筆坂さんの主張通りだと思います。
真剣さが足りない。
あとは日本共産党は党名で損してる気がする…

| JBpress(Japan Business Press)
日本に共産党のかかげる共産主義はいらない。なぜなら、日本人は人情に基盤を置いた原始的なある種の共産性を本能として持っているから。コルホーズ・ソホーズ的な共産はいらないんだよ。
少子高齢化、新聞離れ政治不信は減らない、政党助成金や税金の悪用、口利き、友達優遇、バーベQ内閣の共謀により野党は協調工夫傾向が見られる、許しちゃいけない、兵器爆買い、土砂投入、原発ビジネス、モリカケ疑惑!
国民民主と社民も乗ってこい。
立憲民主と維新は沈め。
簡単に言うと、日本において日本共産党の存在意義が無くなったという事で良いのかな?
中核派を「テロリストとして糾弾」してきた共産党が中核派と手を結ぶとはね!
“共産主義、社会主義を理想の社会などとは、誰一人思っていないからだ”

香港の抑制に対して中国批判をしない日本共産党。

日本共産党は日本社会には不要。
ただの共産党叩き記事→
以上

記事本文: 急旋回して消費税廃止を主張、れいわに倣う共産党 山本代表との党首会談がきっかけに?(1/4) | JBpress(Japan Business Press)

関連記事