TOP > 政治・経済 > このままでは負の遺産になる新国立競技場 スタジアムの過去・現在・未来(第3回) | JBpress autograph

このままでは負の遺産になる新国立競技場 スタジアムの過去・現在・未来(第3回) | JBpress autograph

2020年の東京オリンピック・パラリンピックに向けて半世紀ぶりに生まれ変わる国立競技場。その建設にあたり、「スタジアム」という施設の社会的意味と将来像は考慮されていただろうか。そもそもスタジアムとは一体…...

Twitterのコメント(13)

構想時点で ケチついた
@Taaara1205 本当にそう思う。

でも最終的には、なんだかなあという結果になって終わるのも、これまた同じになりそうな気がする。
新たな国立競技場の建設を複雑な表情で見つめる田畑。嘉納先生との大切な思い出があった上での決断だったろう。で、2020年用の新・新国立競技場ですが「だが、今ではスポーツ先進国では各競技専用のスタジアムの方がポピュラーになっている」ううむ。
スタジアムの過去・現在・未来 | JBpress autograph
後利用とか有効活用とかよく言われるけど、本来は五輪イベントが建物の前利用として位置づけられるべきなんだろうね。当たり前だけど、建物の寿命の中では五輪期間は極めて短い。
結局五輪後の用途を決めないまま設計してしまった時点でもうダメだったのでしょう。五輪後の用途と改修計画まで決めてから設計すればよかったですね。 →
この国にはエンタメ化が成功し、常に人気あり収入が見込めるフィールドスポーツはゼロである↓盛り上がらない稼げない建物を大金捨てて作るようなもんである。
→誰かと思ったら後藤健生さんの記事だった
政治が散々利用して危うくなったらこれか?ふざけるな!「 」
他の競技に使うとなれば、改装しないとだめってこと?そんな!
可能性も何もわりと最初からそう言われてるやろ
昔は陸上と球技の兼用スタジアムが常識だったが、今では各競技専用のスタジアムの方がポピュラーになり、兼用スタジアムは時代遅れ、後利用も難しくツケは未来の世代に回される。
建設前から散々言われていた話。
ザハマニアの建築家諸氏は、先のことなど知ったこっちゃない、何がなんでも3000億円ザハスタジアムを作れ!と叫んでいたが。
まあ、旧国立競技場はアジア大会のために建てられたものなんですけどね。
以上

記事本文: このままでは負の遺産になる新国立競技場 スタジアムの過去・現在・未来(第3回) | JBpress autograph

関連記事