TOP > 政治・経済 > 地層は語る! 6600万年前の恐竜絶滅から分かること 迫り来る「第6の大量絶滅」に向けて私たちには何ができるのか(1/5) | JBpress(Japan Business Press)

地層は語る! 6600万年前の恐竜絶滅から分かること 迫り来る「第6の大量絶滅」に向けて私たちには何ができるのか(1/5) | JBpress(Japan Business Press)

12コメント 登録日時:2019-10-11 06:45 | JBpressキャッシュ

6600万年前、白亜紀末の恐竜絶滅は、カリブ海におちた直径10kmほどの隕石が要因であったことが定説として受け入れられている。近年、この隕石衝突前後の生態系はどうなっていたのか、何が起きていたのか、その詳細について深掘りして研究されるようになってきた。(1/5)...

Twitterのコメント(12)

| JBpress(Japan Business Press)

どうなるんでしょうか
生きてるうちには分からないだろうと思いますけど
Discover(Google)から
( @JBpress
こんなでっかい台風が来るのも温暖化と無縁では無いと思うんだよなぁ
地球は人類を排除しようとしてるよなぁ
1000年後は住めないと思うなぁ(´・ω・`)
国立科学博物館 真鍋真  
現代では77億人まで増えた人類の多さと、そのことが地球に与える環境変化が生態系にとって同じように、大きなインパクトを及ぼしています。
2019.10.11(金)依田 弘作

@JBpress
@JBpress
国立科学博物館 の真鍋真氏にきく
「ツィッター仲間の皆様へ」
多様化が失われると、残ったものが繁栄するのではなく、逆に破滅への序曲なのですね。
次はG生物の時代かも。
リアルテラフォーマーなんて怖いわ😱
真鍋先生に聞いています。
新生代は「哺乳類の時代」とも呼ばれるが、恐竜のいなくなった地位を埋めるように、哺乳類の台頭はかつて考えられていたより急速に起こっていた。依田弘作さんのコラム。
以上

記事本文: 地層は語る! 6600万年前の恐竜絶滅から分かること 迫り来る「第6の大量絶滅」に向けて私たちには何ができるのか(1/5) | JBpress(Japan Business Press)

関連記事