千葉台風関連の記事一覧

TOP > 政治・経済 > 鳥谷に退団を決意させた阪神の危機管理不足 唯一無二の功労者はなぜ阪神を去らねばならないのか(1/3) | JBpress(Japan Business Press)

鳥谷に退団を決意させた阪神の危機管理不足 唯一無二の功労者はなぜ阪神を去らねばならないのか(1/3) | JBpress(Japan Business Press)

阪神ファンが敬愛してやまないレジェンド・鳥谷敬。その名プレーヤーに球団が引退勧告していたことが明らかになり、ファンを唖然とさせている。なぜ球団は、鳥谷本人の気持ちを踏みにじるような行動に出てしまったのか。(1/3)...

Twitterのコメント(28)

本人の意思確認を全然してない
球団の不手際は間違いなく重いな
=> 球団とズルズルの関係のメディアにはこの真実は書けまい。
メディアに踊らされてるアンチも球場に定期的に足を運びな。
もう遅いが。
まるで、井端のようだ
こいつらは金儲けしか頭にない連中で球団にも愛情すら無いんだからどうしようもない。
おっしゃる通り❗クソみたいなフロント陣。
私がしっくりこないのは
なぜ球団の意思を伝えた上で、本人に決断させなかったのかという点だけ(°_°)

年俸大幅減で更改
自由契約で他球団移籍
引退。

結果、行き場がなく綺麗な引き際とならなかったとしてもです。
ビジネスとか関係なしに懐事情を正直に話して戦力外通告する誠意がない時点で傲慢で無能な上級国民おじさん
唯一無二の功労者はなぜ阪神を去らねばならないのか(3/3) | JBpress(日本ビジネスプレス)
@TigersDreamlink 鳥谷敬に引退勧告

阪神という球団はマネジメントする側の体制に何か大きな欠陥があると言わざるを得ない。

タイガースに明るい未来は果たしてあるのだろうか?
「耳をつんざく」ってなんやねん。
そんなに不快かい。
だったら甲子園に行く必要も見る必要もないだろうに。
臼北 信行。日本語勉強してからライターの仕事しろよ。
少なくとも、今の鳥谷は田淵のように「この球団はこんな仕打ちをするのか!」と思っているだろう。星野さんみたいに「おいやるぞ」と呼び戻せる人間が今の球界にいるのか?答えは否だと思う
No TORITANI, No Tigers.
その存在感、安心感、野球に取り組む姿勢はまだまだ今の阪神に必要不可欠。今ならまだ間に合う、引退勧告の白紙撤回。
球団は功労者を使い捨てするな!
まあ鳥谷に限らず阪神のフロントにおける功労者に対する扱いの稚拙さは今に始まった事では無い感じですが。/
まさにこの記事の通りやわ。
鳥谷を戦力外はわかるねん。引退勧告が頭おかしい。というかそもそも本人以外に引退勧めれる人間なんかおるか。
球団悪く無いとかいうてる奴はここ理解してない。

何しか球団が下手で鳥谷と喧嘩別れになるのが現実。矢野含めたフロントが悪い
「絶縁」も何も、本人が引退後もプロ野球に関わりたいと思っていないから。
ライターにもこんな老害おるんやね、生涯同じ球団でいる必要ないが。今の阪神のコーチ陣みたらわからんか
選手は会社に利益を産む商品としてしか考えてないからの結果😒
ホンマに…
鳥谷自身も今の年俸で続けようなんか思ってへんやろ?
大幅減俸でもやってくれたはず。
昔から金儲けの事しか頭に無いクソ球団幹部…
どーせCSなんか無理やしお気に入りより、鳥谷スタメンで一緒に心中して欲しいわ…
鳥谷は長い阪神の歴史上、生え抜きで最も安打を打ったスーパーレジェンドだ!!
球団も頭痛いやろな。四億円の費用対効果は今や全く無い、かと言って来期三千万円で単年契約にすればまたアホなマスゴミが騒ぐ。ホンマはそのままコーチ入りして欲しかったんやろね。
この球団のゴタゴタは今に始まったことじゃないし、これからも続くだろう!
球団に変わろうとする自浄努力がないんだから。
危機感ないから、
村上ファンドにやられて、阪急に泣きついたわけで。
阪神は昔からそんな感じやろ / “ | JBpress(Japan Business Press)”
正にその通り!
まだ再考する時間はあるけど、この球団は何もしないやろな(><)
その引退をお願いするって行為がどうゆう事か想像も出来ないのか。戦力外なら他所であるならと自由契約にすべきやし、最後まで阪神でと思うなら鳥谷の意思を尊重し減俸と一軍の確約無しなど話合いはいくらでも出来た。
元々阪神の経営陣は銭勘定だけで現場サイドに立つことは無かった。要は銭儲けの道具としか思っていないから選手の心情や育成などに頭が回るわけがない。ある意味守銭奴の伝統やね。
以上

記事本文: 鳥谷に退団を決意させた阪神の危機管理不足 唯一無二の功労者はなぜ阪神を去らねばならないのか(1/3) | JBpress(Japan Business Press)

関連記事