TOP > 政治・経済 > 年金不足問題、批判の前にまず知らねばならぬ論点 年金制度改革は、党利党略によらず、与野党強力で断行せよ(1/3) | JBpress(Japan Business Press)

年金不足問題、批判の前にまず知らねばならぬ論点 年金制度改革は、党利党略によらず、与野党強力で断行せよ(1/3) | JBpress(Japan Business Press)

8月27日、5年に一度の年金財政検証が公表された。そこで改めて浮き彫りになったのが、相変わらず厳しい状態が続く年金財政事情だ。経済成長率がどの程度になるかによっても年金額は変わってくるが、老後の生活を賄うには程遠い。現役時代の所得水準との乖離を減らすためにはどのような対策が考えられるのか。(1/3)...

Twitterのコメント(14)

の前に普通に暮らせる給料をだなry
( ´・ω・)まあ、これが普通は厚労大臣を経験した人の考えだよな。どっかの長妻昭と違って…

年金制度改革は、党利党略によらず、与野党強力で断行せよ
2019.8.31(土)
舛添 要一”
年金制度改革は、党利党略によらず、与野党強力で断行せよ(1/3) | JBpress(日本ビジネスプレス)

長生きをリスクとは何事か
そも杜撰な管理をしていた社保庁の尻拭いじゃないか
と怒る声が上がるのではと内心…
年金だけで暮らせないのは前からわかっていたこと。

それを知らずに不足分の蓄えもせずに「老後」を迎えてしまった人は、制度よりもまずは自分の無知を恨むしかない。

30~40歳代以下の人は残り数十年を有効に使って不足分の蓄えを。

知らないことは最大のリスク。
お次は年金関連のこちらの JBpress様より



あの舛添要一様の記事ですが、政治活動の印象しかない方には是非読んでほしいです。
やはり、ジャーナリストとしては非常に優秀なんですよね。内容も納得です。
長生きを事故や火事に例えるとは、血も涙もないというやつだな。
へーっ。
田町の駅を降りて歩いている時に、厚労大臣から突然携帯に電話がかかってきたのは、2008年4月、野党が後期高齢者医療制度を政争の具としていて大騒ぎだった時。その直後に厚労省の友達から、すみません携帯教えましたと 笑。
政府方針をまとめた舛添記事。反対してる人、財政検証と制度改革案が気に入らないのは理解できるし、もっとマシな案があるなら私もその方がいいけど、まともな代替案を見たことがない。どういうのがあるんだ? /
年金制度改革は、党利党略によらず、与野党強力で断行せよ(1/3) | JBpress(日本ビジネスプレス)
生活保護あるやん?
足らんのならデモせんで働きゃよかろうて
年金は税金と考え 現金で幾ら貯金できるか こうゆう考えなら自分が成長する
こんな制度持続させなくて良いから
年金は万が一、「長生きしてしまった時」の為の備えで、年金支払いの約半分が税金で賄われ、厚生年金の保険料の半分も企業負担。国家が破綻しない限り、制度は存続する。年金不安を煽る前に公的年金の利点を説明すべきである
老後2000万円不足問題など、年金について不安が広がる中、5年に1度の年金財政検証が公表された。その中身を理解するために、「年金とは何か」という根本問題からアプローチしてみた。JBpressに寄稿した。
以上

記事本文: 年金不足問題、批判の前にまず知らねばならぬ論点 年金制度改革は、党利党略によらず、与野党強力で断行せよ(1/3) | JBpress(Japan Business Press)

関連記事