TOP > 政治・経済 > 中国を宇宙から監視、米国の総力戦にアマゾンも参戦 IoT時代、<宇宙開発における官民の関係>が変わる | IoT Today - IoT(Internet of Things)の最新ニュースや企業&ベンチャー事例(ケーススタディ)をほぼ毎日掲載 -

中国を宇宙から監視、米国の総力戦にアマゾンも参戦 IoT時代、<宇宙開発における官民の関係>が変わる | IoT Today - IoT(Internet of Things)の最新ニュースや企業&ベンチャー事例(ケーススタディ)をほぼ毎日掲載 -

11コメント 登録日時:2019-06-12 08:21 | JBpressキャッシュ

『China 2049』を帰結すべきゴールと考え、そこから現在までの道のりをバックキャストで考えると、米中の間で今起きている経済面での激しい応酬や安全保障上の諸問題は必然であると同時に、中国が仕掛ける長いマラソンレースのほんの「通過...

ツイッターのコメント(11)

「中国の「100年マラソン」のゴール地点(2049年)で、アメリカ・中国どちらが宇宙空間やサイバー環境で優位に立っているか、という見極めが難しい状況がしばらく続く」
中国共産党を甘く見てはいけませんネ
*どうやらトランプ政権は中国を本気で潰す気らしい!戦後、民主化に背を向け徹底的な人民統制で国力を増強し一帯一路で全アジア覇権に驀進の中国を止める気だろう!もう宇宙からの攻撃にイージスアショアの時代では無い!
※日本もアメリカと共に力を合わせて地球の平和を命をかけて守らなければならない。日本は傍観している場合ではない。もっとアメリカに力を貸さないといけないよ!
1そもそも、米中国交回復によって中国が一方的に利益を得たと言うのがまちがい。ソ連を崩壊に追い込めたのは、中ソ対立を米国がうまく利用したから。仮に今、ロシアが米国側についたら、太平洋進出どころじゃなくなる。

>
日本もせめて発言しなはれ
令和に入って明らかに変わった世界情勢と言えばやはり米中経済戦争だろう
はたしてこの戦いはどういった世界地図を描くのだろうか?
私は一つの大きな鍵は為替が握っているような気がしてならない
きれいにまとまった良エントリ。5ページあるけど最初の3ページだけでも読む価値あり。
IoT時代、<宇宙開発における官民の関係>が変わる 《朝岡 崇史》 スターリン&毛沢東&サダムフセインと手を組んでできたのは世界第2の軍事大国、世界第2位の経済大国、世界第4位の軍事大国wいつものアメリカだわ
米中冷戦は、毛沢東から始まっていた。。。

必読。/
以上

記事本文: 中国を宇宙から監視、米国の総力戦にアマゾンも参戦 IoT時代、<宇宙開発における官民の関係>が変わる | IoT Today - IoT(Internet of Things)の最新ニュースや企業&ベンチャー事例(ケーススタディ)をほぼ毎日掲載 -